« Live! RAIN ASIA TOUR IN JAPAN 【LEGEND OF RAINISM 2009】@さいたまスーパーアリーナ | トップページ | オススメ!映画紹介『30デイズ・ナイト』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗』鑑賞

20centuryboy3

ライブネタが2夜続きましたが、昼間はこいつも観て来ました。

3部作の完結編。

ワールド・プレミアでは、ラスト10分間をカットして上映したということでも話題になっています。

【ともだち歴3年(2017年)】。【ともだち】が「世界大統領」として君臨する世界。
殺人ウィルスが蔓延した東京は、聳え立つ壁により分断され、都民の行動は完全に制限されていた。
【ともだち】の追手から逃れ、身を潜めているかつての仲間たち。荒れ果てた新宿に戻って来たオッチョは、カンナが反政府組織として武装蜂起しようとすることを知る。
そんな中、2000年の【血の大みそか】以降、行方が分からなくなっていたあの男も、遂に動き出そうとしていた!

原則としては、あんまり語ってはいけなのですよね。

僕は好きです。

第1章はほぼ原作通り、第2章は膨大な情報を詰め込み謎をばら撒いておいて、第3章ではそれを一気に解決していく。

「原作とは違うラスト」と言われていますが、原作者の浦沢直樹さんが脚本に参加していますので、裏切らないというか、原作では謎のままだったことまで、映画としてきちんと決着をつけた、って感じですかね。

非公開だったラスト10分も、原作ファンなら、衝撃度は少ないかもしれません。

ケンヂらしいラストでした。

元々、タイトル自体がロックの名曲だし、遠藤ケンヂというのもフォークの神様(本人がケンヂを助ける猟師役で出演!)から取ったという、音楽が中心にある漫画でしたが、「音楽の力はスゴイ」って作品になってました。

グッと来るシーンは多いのですが、ケンヂを20年間待ち続け、カンナを我が娘のように愛し、説教するユキジのシーンは、泣けましたね。

漫画から抜け出したようなカンナ役の平愛梨は、まだまだ荒削りですけど、その一生懸命さが、真っ直ぐなカンナに重なっていて、前作よりも大人になった印象を受けました。

次の作品が勝負じゃないかな。

『金八』の時から知っていたけど、頑張って欲しいですね。

さて、【ともだち】の正体などは、意図的にバラす作り方をしていたのだけど、そこではなくて、隠し続けた大ネタが一瞬バレる部分があったのが残念。

何人の方が気付いただろう・・・。

冒頭に【おさらい】シーンがあるので、過去の作品を観ていなくても楽しめるようにはなっていますが、観ておいた方が良いでしょう。

(満足度:★★★★☆、オススメ度:★★★★)

|

« Live! RAIN ASIA TOUR IN JAPAN 【LEGEND OF RAINISM 2009】@さいたまスーパーアリーナ | トップページ | オススメ!映画紹介『30デイズ・ナイト』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/31170177

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗』鑑賞:

» 20世紀少年-最終章- ぼくらの旗 [LOVE Cinemas 調布]
浦沢直樹の同名コミックの映画化第3弾。監督はもちろんシリーズを通して同じ堤幸彦。出演者も全く変わっておらず唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平愛梨、藤木直人、石塚英彦、宮迫博之…と挙げ始めたらきりがない空前絶後のオールスターキャストです。いよいよ“ともだち”の正体が明かされることになる本作は、原作とは異なる結末を用意。いったいどうなるんでしょうか。... [続きを読む]

受信: 2009年8月31日 (月) 22時23分

» 絢香 ブログ [絢香 ブログ]
"世界のたくさんの場所では、子供たちから笑顔が奪われてしまっています。大橋卓也とピアニストの塩谷哲とのコーナーでは、ザ・ビートルズのカバー曲「Lady Madonna」、絢香の「三日月」を熱唱しました。そして、それに賛同したファンが1万人集合しました。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 1日 (火) 12時06分

« Live! RAIN ASIA TOUR IN JAPAN 【LEGEND OF RAINISM 2009】@さいたまスーパーアリーナ | トップページ | オススメ!映画紹介『30デイズ・ナイト』鑑賞 »