« 30周年特別上映『機動戦士ガンダムⅡ哀・戦士』 | トップページ | オススメ!映画紹介『真夏のオリオン』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『劔岳 点の記』鑑賞

Tsurugidake

昔の人って、偉いなぁ・・・。

明治40年。地図の測量手である柴崎は、陸軍参謀本部から呼び出され、 「日本地図最後の空白地点、劔岳の頂点を目指せ」との命を受ける 。
当時は、陸軍参謀本部に所属している陸地測量部が、日本国内のほとんどの山を初登頂し、測量を行い、地図を作ってきていた。
未だに登頂されていないのは劔岳だけ。
しかし、創立間もない日本山岳会の会員も剱岳の登頂を計画しており、軍としては、山岳会に先を越されることを許すわけにはいかなかった。
柴崎は、剱岳付近に詳しく、人柄も優れた案内人・宇治長次郎らと共に、未踏峰の劔岳の登頂に挑む。

高倉健さんの『鉄道員』や『ホタル』、『極道の女たち』シリーズなど、日本映画を支えて来た名キャメラマンの木村大作氏が初めて監督に挑戦した作品。

今でこそ、バスやケーブルカー、ロープウェイを乗り継いでたどり着ける立山連峰に挑んだ男達の物語。

その厳しい自然の風景は、まさに撮影監督ならではの映像でした。

俳優陣も浅野忠信、香川照之、松田龍平、仲村トオル、宮崎あおい、役所広司と、現在の日本映画を支える顔ぶれが並びます。

浅野君にしても、龍平君やトオルさんも、どちらかというとヘタウマな俳優になるのかな、と思います。

演技をしているのか、していないのか、でもすごくナチュラルな印象のある役者さん。

それがこの作品にはマッチしていたように思います。

そして、芸達者な香川さんの演技には脱帽です。

上手い!

あおいちゃんは、出番も少なく、小さな役かもしれないけど、ラスト前で見せる笑顔が、作品全体を昇華させると言うか、何と言うか、別の次元にスコーーーンと持って行ってくれます。

ワイドショーとかで、男優陣には厳しかった監督も、彼女にはデレデレだったという話題が流れていましたけど、そこのシーンのためだけに彼女をキャスティングしたのでしょうね。

日本映画らしい日本映画を久し振りに観たような、充実感がありました。

観客層はやや高め。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★☆)

|

« 30周年特別上映『機動戦士ガンダムⅡ哀・戦士』 | トップページ | オススメ!映画紹介『真夏のオリオン』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/30393516

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『劔岳 点の記』鑑賞:

» 劔岳 点の記 [LOVE Cinemas 調布]
『八甲田山』や『鉄道員』など数え上げたらきりがないほどの作品を手がけてきた名カメラマン・木村大作の監督初挑戦作品。原作は新田次郎の同名小説。出演は最近では『鈍獣』が記憶に新しい浅野忠信、「20世紀少年」の香川照之を中心に、『ハゲタカ』の松田龍平、モロ師岡、 宮崎あおい、役所浩司など他にも超豪華かつ実力派がずらりと顔を並べています。本物に拘った映像は近年の日本映画界でもまれに見る迫力でした。... [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 00時03分

» お別れ会〜さようなら三沢光晴!追悼番組も [お別れ会〜さようなら三沢光晴!追悼番組も]
お別れ会〜さようなら三沢光晴!追悼番組も [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 01時27分

« 30周年特別上映『機動戦士ガンダムⅡ哀・戦士』 | トップページ | オススメ!映画紹介『真夏のオリオン』鑑賞 »