« オススメ!映画紹介『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』鑑賞 | トップページ | Live! THE BOOM 20th Anniversary Live Tour 2009 【My Sweet Home】@横浜BLITZ »

オススメ!映画紹介『それでも恋するバルセロナ』鑑賞

Barcelona

ベネロペ・クルスがオスカー助演女優賞を獲得した話題作。

真面目で仕事の出来る男性と婚約中のヴィッキーと、自由奔放で情熱的な恋を常に探しているクリスティーナは、恋愛に関しては正反対だけど、その他のことではウマの合う親友同士。二人は、ヴィッキーの親戚の住む、バルセロナでひと夏を過ごすことに決める。
そこで芸術家のパーティに出席した二人は、魅力的な画家フアン・アントニオと出会う。
一目でフアンに惹かれたクリスティーナ。ヴィッキーは始めは反目するものの、彼のキャラクターを知るにつれ、いつしか彼に惹かれて・・・。
しかし、そこに美しく激しいフアンの元妻、マリア・エレーナが現れて、ひと夏のアバンチュールの結幕は!!

ベノロペは、こういう情熱的な小悪魔を演じるとハマリますね。

主役の二人を完全に食っています。

とりかく、激しい!

そして、生きている、って感じが楽しそう。

そして、『ノーカントリー』では猟奇的殺人者を演じたハビエル・バルデムが、ハンサムではないけどセクシーさムンムンの色男を演じます。

このスペイン人俳優二人が見事でした。

二人に翻弄される若者二人も悪くないのだけどね。

分が悪かったです。

しかし、状況説明する男性のナレーションが少々邪魔だったかな。

2週間位、休みがあったら、スペインへ行ってみたいなぁ。

まぁ、無理だけど・・・。

年齢層はやや高めでした。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« オススメ!映画紹介『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』鑑賞 | トップページ | Live! THE BOOM 20th Anniversary Live Tour 2009 【My Sweet Home】@横浜BLITZ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/30399041

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『それでも恋するバルセロナ』鑑賞:

» 復縁 コツ [復縁 コツ]
復縁のコツについて。 復縁のメールはコツがあります。 復縁のブログでも、今はマニュアルを紹介していたりします。 [続きを読む]

受信: 2009年7月10日 (金) 23時26分

» それでも恋するバルセロナ [LOVE Cinemas 調布]
ウディ・アレン監督のロマンティックコメディ。出演は『ノーカントリー』のハビエル・バルデム、『エレジー』のペネロペ・クルス、『ブーリン家の姉妹』のスカーレット・ヨハンソン、『フロスト×ニクソン』のレベッカ・ホール。特にペネロペは本作でアカデミー賞助演女優賞を獲得したています。スカーレットとペネロペファンの私としては、前売り発売と同時に買って楽しみに待っていた一作です♪... [続きを読む]

受信: 2009年7月11日 (土) 02時26分

» 「それでも恋するバルセロナ」(VICKY CRISTINA BARCELONA) [シネマ・ワンダーランド]
米国映画界の才人、ウディ・アレン監督が2008年にメガホンを執ったラブ・ロマンス・ムービー「それでも恋するバルセロナ」(原題=バルセロナのヴィッキー、クリスティーナ、米・西、96分、W.アレン脚本)。本作は、アレン映画として初めてスペイン・バルセロナを舞台とし、同所をバカンスで訪れた2人のヘ米国人女性と地元のセクシーな男性画家、さらにはその元妻、4人が織り成す恋模様を描いている。複雑に絡み合うラブ・ロマンスはアレン映画のテーマの中核をなすものであるが、本作ではそのもの足りなさが否めない。な...... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 04時17分

« オススメ!映画紹介『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』鑑賞 | トップページ | Live! THE BOOM 20th Anniversary Live Tour 2009 【My Sweet Home】@横浜BLITZ »