« オススメ!映画紹介『消されたヘッドライン』鑑賞 | トップページ | ラグビー2009春!U20世界ラグビー選手権【予選Pool B・1回戦】@秩父宮ラグビー場 »

オススメ!映画紹介『重力ピエロ』鑑賞

Jyuryoku_p

伊坂幸太郎氏のベストセラー小説の映画化です。

母親の命日に久々に実家に集まった奥野一家。大学の研究室で遺伝子の研究をする兄・泉水、仙台市の町の落書き消しをする弟・春、そして元公務員で養蜂が趣味の父親は病に冒されていた。
仙台市で連続して起こる放火事件の現場近くには必ず奇妙な落書きが残されていた。二人は、そこに放火犯からのメッセージが込められていることに気づくが、その謎は24年前に起きた奥野一家の哀しい過去へと繋がっていく。
強い絆で結ばれた家族の決断とは?

加瀬亮に岡田将生は、かなり原作のイメージに近いキャスティングだと思いました。

原作通り、「春が2階から落ちてきた」という、泉水の印象的なセリフで始まる。

岡田君が落ちてくるのを観た瞬間に「良かった!」と思いました。

春の生真面目さと暴力性を、岡田君のナイーブな感じが合っていました。

そして、格好良い弟と、どこから見ても普通の兄は、加瀬君ならでは雰囲気が合っている。

そして、もう一人。

二人の過去に深く関わる男を演じた渡部篤郎。

彼の持っている変質的な狂暴さみたいなものをクローズアップしていて、意外性があると言えばあるし、完璧でした。

個人的には、春を追いかける「夏子さん」を演じた、吉高由里子をもう少し生かして欲しかったかなぁ、という部分はあります。

細かな部分は原作と変えているのですが、基本的にはオチまで一緒です。

これを映画にして良いのか、と正直思っていました。

ただ、過去という重力に縛られずに、それを乗り越えていく家族の愛の力というテーマはより鮮明となっていたと思います。

そして、泣き笑いのピエロ。

どんな苦しい状況でも笑っているピエロ。

タイトルの意味が分かりやすく表現しようという印象を受けました。

かなりオススメできます。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★★)

|

« オススメ!映画紹介『消されたヘッドライン』鑑賞 | トップページ | ラグビー2009春!U20世界ラグビー選手権【予選Pool B・1回戦】@秩父宮ラグビー場 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/29857060

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『重力ピエロ』鑑賞:

» 重力ピエロ [LOVE Cinemas 調布]
伊坂幸太郎のベストセラー小説の映画化。ちなみに同じ伊坂幸太郎原作では最近公開された『フィッシュストーリー』や『アヒルと鴨のコインロッカー』があります。主演は『犬と私の10の約束』や『パコと魔法の絵本』などヒット作に多数出演している加瀬亮。共演に『ホノカアボーイ』の岡田将生、他にも小日向文世、渡部篤郎、鈴木京香といった、若手ベテラン共に実力ある布陣。試写会にて鑑賞です。... [続きを読む]

受信: 2009年6月 4日 (木) 23時01分

« オススメ!映画紹介『消されたヘッドライン』鑑賞 | トップページ | ラグビー2009春!U20世界ラグビー選手権【予選Pool B・1回戦】@秩父宮ラグビー場 »