« ラグビー2009春!U20世界ラグビー選手権【予選Pool B・2回戦】@秩父宮ラグビー場 | トップページ | オススメ!映画紹介『ラスト・ブラッド』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『チョコレート・ファイター』鑑賞

Chocolatefighter

『マッハ!』や『トムヤンクン』でおなじみのムエタイ・アクション。

今回はトニー・ジャーに代わって、期待の新星・ジージャーという女の子が主演です!

日本人ヤクザの父とマフィアの情婦だったタイ人の母との間に生まれた少女・ゼンは生まれた時から障害を抱えていた。
しかし、成長するにつれアクション映画を見ただけで、その技を習得できるという並はずれた動体視力と運動神経を備えていることが分かり、密かに技を磨いていた。
そんなある日、母が癌に侵されていることが発覚。ゼンは母の治療費を工面するため、古い手帳を頼りに、借金を踏み倒した【顧客】を回り、強引に回収していく。しかし、それは、母から全てを奪ったマフィアとの抗争に発展する。
一方、日本では、生き別れの父・マサシが母娘の窮地を知り、バンコクへ飛ぶために、組織に仁義を切っていた。

とにかく、彼女のアクションがスゴイ!

CGなしの本物のアクションというから、ある意味で痛い。

贅沢を言わせてもらえば、大きな見せ場はなく、常に戦い続けていて、途中だれてしまった部分もあるのだけど、それを差し引いても面白かった!

ゼンの保護者代わりの孤児のデブ君とのコンビは面白かったです。

今回のような暗めな話を軽くしたり、コメディとかにも、今後使えそう素材だと思いました。

さて、日本人ヤクザとして阿倍チャンが登場。

過去の作品が日本で大ヒットして、市場を意識した部分はあるのでしょうね。

日本刀でタイ・マフィアをバッサ、バッサと斬りまくりますが、折角の性格俳優ですので、もう少しドラマの部分でも魅せ場があったら良かったかも。

尚、ナレーションが阿倍チャンなのは、日本公開バージョンなのだそうです。

とにかく、すごい少女が現れました。

今後のトニー・ジャーとのコラボとか、勝手に期待しています。

普段は映画館では見かけないような、腕がパンパァ~ンって感じの格闘技系アニキも多かったような気がします。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« ラグビー2009春!U20世界ラグビー選手権【予選Pool B・2回戦】@秩父宮ラグビー場 | トップページ | オススメ!映画紹介『ラスト・ブラッド』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/29958072

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『チョコレート・ファイター』鑑賞:

» チョコレート・ファイター [LOVE Cinemas 調布]
とんでもない迫力のアクションシーンにを演じているのは弱冠24歳のジージャー。監督プラッチャヤー・ピンゲーオの秘蔵っ子という触れ込みです。共演には『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の阿部寛。タイの映画を観るのは恐らくこれが初めてですが、古きよきアクション映画の香りが漂ってくる作品です。... [続きを読む]

受信: 2009年6月10日 (水) 23時42分

» 『チョコレート・ファイター』ヒロイン ジージャー インタビュー@女性自身ブログ [タイ映画 & アジアな毎日  Thai Movie & Asia Entertainment Diary]
世界最強美少女アクション映画、『チョコレート・ファイター』 が公開中です。  アクションの凄さとかは、撮影現場を経験された阿部 寛さんの熱い語りや、 他の映画雑誌が書いているので、シラタはなるべく素顔に迫ってみました。短いインタビュー時間でしたが、なるべくジージャーの喋りを再現したインタビューです。  女性自身ブログ(なんと、ブログリニューアルしたばかり)の中の、エンタメコーナー/ジージャー インタビュー(カラー写真つき)  このインタビューとは別に、『チョコレート・ファイター』に関する、小ネ... [続きを読む]

受信: 2009年6月12日 (金) 09時00分

« ラグビー2009春!U20世界ラグビー選手権【予選Pool B・2回戦】@秩父宮ラグビー場 | トップページ | オススメ!映画紹介『ラスト・ブラッド』鑑賞 »