« オススメ!映画紹介『セブンティーン・アゲイン』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『重力ピエロ』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『消されたヘッドライン』鑑賞

State_of_play

オリジナルは知りませんが、イギリスの人気ドラマのリメイクだそうですね。

今回はチョット太めで、長髪のラッセル・クロウは、見るからに古いタイプの新聞記者の不摂生さをリアルに表現していました。

ワシントンで二つの事件が発生する。一つは裏社会の人間の薬の密売に絡んだ仲間割れと思われる銃殺事件。そしてもう一つが、地下鉄の駅構内で発生した女性の死亡事故。後者は被害者の女性と国会議員の不倫スキャンダルへと発展していく。
ワシントン・グローブ紙のベテラン記者のキャルは、大学時代のルームメイトであり渦中の議員・コリンズから事件の真相を調査すように依頼される。コリンズとのやりとりの中で、キャル独自の調査方法と鋭い嗅覚で、事件の真相に迫っていく。
その背後には、想像を絶する巨大な陰謀が隠されていた。

舞台となる新聞社がかなりリアルですよね。

ラッセルの演じた記者みたいな、現場主義的な真実を追究する男もいれば、インターネットに掲載するような、裏取りも何もない、書き捨て的なインパクトさえあれば良い記事を書かされている若い記者もいる。

「真実なんて追っかけても、売れなきゃ仕方がない」と、少々切れ気味の編集局長もいる。

この役の、ヘレン・ミレンは、さすがでした。

エリザベス女王の影も形もない、オーナー企業との関係に頭を痛めるトップという複雑なキャラを演じていました。

調査のためなら、親友も、元カノも、皆、情報源。

「お前のために」と言いつつ、本当はどっちなんだか分からない。

そして、時には情報源が殺されることだって、起きてしまう。

うぅ~ん。怖い、世の中だねぇ。

親友で、渦中の人となる議員を演じるのは、ベン・アフレックス。

華々しいデビューを飾った青年も、プライベートを含め、酷評され続けていましたが、ココ数本の評価は高く、「復活」とも言われているようですが。

個人的には微妙だったなぁ。

確かにスキャンダラスな部分はあるし、男の頼りなさ、狡さみたいなのは、彼のキャラクターには合っていたとは思いますが。

ミス・リードさせるための怪しいキャラクターもおり、先の読めない展開は、なかなか楽しめました。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★★)

|

« オススメ!映画紹介『セブンティーン・アゲイン』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『重力ピエロ』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/29779542

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『消されたヘッドライン』鑑賞:

» 消されたヘッドライン [LOVE Cinemas 調布]
イギリスの大人気サスペンスドラマをハリウッドでリメイクした作品。主演ラッセル・クロウをはじめ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレンと実力ある俳優がそろったサスペンスムービー。監督はドキュメンタリー映画の鬼才ケヴィン・マクドナルド。米国でも1週間前に公開されたばかりというこの作品、試写会で鑑賞してきました。... [続きを読む]

受信: 2009年6月 3日 (水) 23時47分

« オススメ!映画紹介『セブンティーン・アゲイン』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『重力ピエロ』鑑賞 »