« オススメ!映画紹介『GOEMON』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『Op.ローズダスト(上)・(中)・(下)/福井晴敏』 »

オススメ!映画紹介『新宿インシデント』鑑賞

Shinjuku

全ての主演作が日本で公開されている唯一の外国人であるジャッキー・チェンの最新作。

「ジャッキー=アクション映画」という概念を打ち破った本作は、その過激な内容から中国本土での上映が禁止になったという逸話ついたクライムドラマが展開します。

中国の貧しい東北部で、トラック整備士として働いていた鉄頭は、残留孤児であった親戚と共に日本に渡ったまま、音信不通になった恋人・シュシュ追って、日本に密入国する。
新宿歌舞伎町で、言葉も分からず、土地感もない彼は、同郷の不法滞在者の仲間と、日本の警察の取り締まりや日本のヤクザ、中国マフィアからの圧迫という恐怖と闘いながら、精神的にも経済的にも辛い日々を送っていた。
偶然から探し出すことが出来たシュシュは、ヤクザの組長と結婚し、娘までもうけていた。
それでも、日本に残り、新宿で生き抜いていくことを決意した鉄頭は、永住権と引き換えにヤクザの抗争が絡んだ殺人に手を貸していく。

生き抜くためとは言え、ここまでダーティなジャッキーは見たことがない。

かなりショッキングな内容でした。

時代背景が良く分からなかったので、「新宿はこんなに怖くない・・・」と思ってしまいました。

しかし、最後の最後で、「90年代は外国人が増え、事件が多発したが、中国本土の急激な経済発展で、21世紀に入ってからは衝突はなくなっている」というナレーションに安心しました。

ヒロインとなるシュー・ジンレイはきれいですね。

もう一人のファン・ビンビンは大陸の方だそうで、びっくりしました。

ジャッキーに見出されたダニエルは相変わらず美味しいポジションでしたが、今回はジャッキーの弟分として気の弱い青年とダークサイドに身を落とした悪魔の一粒で二度美味しいキャラクターとなっています。

竹中直人さんが、ジャッキーの味方となる刑事で登場。

ギャグ一切なしで、真剣に演技していました。

外国人が見たニッポンではなく、15年位前の新宿として再現されていたので、違和感はなかったのですが。

「ジャッキーの映画はとにかく明るくないと・・・」と言う方には、オススメしません。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« オススメ!映画紹介『GOEMON』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『Op.ローズダスト(上)・(中)・(下)/福井晴敏』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/29553810

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『新宿インシデント』鑑賞:

» 新宿インシデント [LOVE Cinemas 調布]
主演はジャッキー・チェン。ほかにも日中両国からでは竹中直人、加藤雅也、ダニエル・ウー、ファン・ビンビン、シュー・ジンレイら個性派実力俳優が集結!個人的には『エグザイル/絆』のメインキャラであったラム・シューが気になりました。また昨年無くなった故・峰岸徹さんの映画の遺作でもあります。新宿歌舞伎町を舞台に繰り広げられる、中国人密入国者たちとヤクザたちの裏社会を描いたアジアン・ノワール映画。... [続きを読む]

受信: 2009年5月22日 (金) 00時01分

« オススメ!映画紹介『GOEMON』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『Op.ローズダスト(上)・(中)・(下)/福井晴敏』 »