« 大阪・喰い倒れの旅【鶴橋・つるはし まぐろ食堂】 | トップページ | オススメ!映画紹介『ニセ札』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『食客』鑑賞

Syokukyaku

最近、韓国ではグルメ・コミックが流行っているそうだ。

この作品の原作も人気コミックが原作だが、ワインのソムリエ対決を描いた日本の『神の雫』なんかも人気が高いそうである。

韓国の「食の最高峰」【雲岩亭】で板前修行を積んでいたソン・チャンは、後継者を決める勝負で予期せぬアクシデントに遭い、若くして料理界を去ることに。
故郷に帰り、食材販売で生計を立てていた彼に、再び包丁を手にするチャンスが訪れる。宮廷料理の頂点を極めるコンテストへの参加要請があったのだ。そのコンテストには、【雲岩亭】の後継者として売れっ子料理家となった因縁の宿敵・ボンジュも参加すると言う。
様々な食材と調理法で幾日にもわたり繰り広げられる白熱の料理勝負。極上のレシピで勝ち残ったソン・チャンと宿敵たちの戦いの結末は・・・。

久し振りに韓国映画らしい韓国映画を見た感じがしました。

明るく、誠実で、料理の道をまっすぐに進む主人公の青年。

演じたキム・ガンウは、『コースト・ガード』に出ていたんですよね。

見るからに好青年です。

コミカルな隣人や後輩がサポートし、明るくて、おっちょこちょいのヒロインもいる。

一目見て敵役と見える容姿のライバル・キャラ。

痴呆症の、でも的を得たヒントを与えるハラポジ。

日本統治時代の哀しい師弟愛や、死刑囚の炭焼き達人、兵役の想い出など、これでもかと盛り込むサービス精神には脱帽です。

それから分かりやすい伏線もあって・・・。

韓国版『美味しんぼ』ですね。

でも、韓国の料理人は、さすがに牛の解体まではしないと思うのですけど・・・。

これはビジュアル的なサービスですかね。

ソウルに韓国料理を食べに行きたくなりました。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« 大阪・喰い倒れの旅【鶴橋・つるはし まぐろ食堂】 | トップページ | オススメ!映画紹介『ニセ札』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/29461541

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『食客』鑑賞:

« 大阪・喰い倒れの旅【鶴橋・つるはし まぐろ食堂】 | トップページ | オススメ!映画紹介『ニセ札』鑑賞 »