« オススメ!映画紹介『ウォッチメン』鑑賞 | トップページ | SAKURA 2009@東京・目黒川 »

オススメ!映画紹介『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』鑑賞

Yonezawa

多分、日本映画史上、最も主人公らしくない男が主人公の映画です。

鑑識課員の米沢守は、爆弾テロ予告があった東京ビッグシティマラソンで、犯人を探すべくマラソンの映像をチェックしていた。その中に、8年前に家出をして消息不明の“逃げた女房”の知子そっくりな女性を見付ける。
翌朝、その女性の遺体発見の知らせを受けるが、その遺体は知子と瓜二つな同名の別人だった。とりあえず安心しているところへ、遺体女性の元夫である所轄・千束所の刑事・相原誠が乱入し、共に事件の捜査を始める。
果たして、米沢&相原の急造の相棒コンビは真相にたどり着けるのか。

スピンオフ小説は、昨年の映画が公開されて直ぐに読みました。

作者のハセベバクシンオー氏って、シリーズを通じて監督されていた長谷部監督の御子息なのだとか。

愛すべき脇役だった米沢さんを、そのオタッキーな風貌と、“逃げた女房”という口癖(?)を活かして、物語が成立しているところが面白かったですね。

すごく個人的なことなのですが、知り合いがエキストラ出演していまして、そんなに映っていないということだったのだけど、バッチリ映っていたので、そこばかり気になって仕方がありませんでした。

撮影の時のエピソードを聞いて、何か意味有りげなショットが、全く意味がないことを聞いたりして、面白い体験でした。

ゲストの市川染五郎の意味有りげな演技というのが、なかなか良かったですね。

昨年の映画の続編ということで、右京さんと亀山がチラリチラリを登場します。

二人はマラソン大会爆破未遂事件で忙しいはずなのに、米沢に捜査のヒントを与えたり、楽しませてもらいましたね。

映画が終わって、エレカシの主題歌が流れても、席を立たないで下さい。

最後にオマケのシーンが登場します。

しかし、このシリーズはどうなっていくんですかね。

一部では、捜一トリオでスピンオフ作品をとか、デマが飛び交っているようですが。

(演者本人たちが「やりたい!」って勝手に流しているとか。)

安心して観られる作品であることは、間違いない、でしょう。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★★)

|

« オススメ!映画紹介『ウォッチメン』鑑賞 | トップページ | SAKURA 2009@東京・目黒川 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^
おっしゃるとおり安心して観られる作品という感じ
でした。凄く良いとは思わないけど、なかなか面白いというか。(笑)
私は『相棒』シリーズ未見ですが、それでもそれほど
置いてけぼり感はありませんでしたので、誰でも見れるマイルドな仕上がりだと思います。wink

投稿: KLY | 2009年4月 4日 (土) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/28884517

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』鑑賞:

» 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [LOVE Cinemas 調布]
大ヒットドラマ『相棒』シリーズから誕生したスピンオフ作品。警視庁鑑識課の米沢守を主人公にすえた今回の作品の主演は六角精児。先日鑑賞した『罪とか罰とか』では警察官役でしたので、どうも警察モノに縁があるようです。相方の相原刑事を演じるのは萩原聖人。他にも片桐はいりや伊武雅刀といった個性派俳優が揃っています。もちろん、水谷豊と寺脇康文もポイントポイントでちゃんと登場してました。(笑)... [続きを読む]

受信: 2009年4月 4日 (土) 01時03分

« オススメ!映画紹介『ウォッチメン』鑑賞 | トップページ | SAKURA 2009@東京・目黒川 »