« 新宿三丁目【ボスボラス ハサン】(トルコ料理) | トップページ | 【舞台鑑賞】『赤い城 黒い砂』@日比谷・日生劇場 »

オススメ!映画紹介『ある公爵夫人の生涯』鑑賞

Duchess_2

ダイアナ元皇太子妃と同じスペンサー家から18世紀当時の英国で最も裕福な公爵家へ嫁いだ実在の女性の生涯。

時代は違っていても、ダイアナ元妃にダブって見えてくるから不思議です。

17歳の若さで裕福なデボンシャー公爵と結婚したジョージアナ・スペンサーは、ロンドンでサロンを催すなど社交界の花形となる。
だが、その華やかな生活の裏では、男子の世継ぎだけが関心事のデヴォンシャー公爵との夫婦仲が冷え込み、公爵の浮気は後を絶たず、遂にはジョージアナの親友にまで手を出す始末。
そんな状況で、ジョージアナは、かつて淡い恋心を抱き合っていた駆け出しの政治家のチャールズ・グレイとの再会したことをきっかけに、4人の愛憎が一大スキャンダルを巻き起こすことになっていく。

この時代の女性は、跡継ぎである男子を産むことが最大の役目だったということですが、ジョージアナの出産した子供は女子ばかり。

プレッシャーと、でも浮気を繰り返す夫への不信。

半ば無理矢理な行為の末に漸く男子を出産し、縛りから解放される。

そして、生涯一度の真実の愛にめぐり会う。

この辺の心の機微は、キーラ・ナイトレイが丁寧に演じています。

レイフ・ファインズが演じる公爵は、皮肉屋だし、女性を見下した、凄く嫌な奴として描かれているけど、自身も公爵家の長男として産まれたことへのプレッシャーを抱き、妻への愛し方が不器用な男という見方も出来、微妙なニュアンスを感じさせる名演でした。

母親(レディ・スペンサー)のシャーロット・ランプリング、親友であり、後に夫の愛人となるエリザベスのヘイレイ・アトウェル、そして、若き政治家チャールズのドミニク・クーパーといった脇役の演技も見逃せません。

マリー・アントワネットとも交流のあったと言うジョージアナは、ファッション・リーダーとしても君臨し、彼女の服装、髪型、アクセサリーが、次のパーティではこぞって真似されていたと言います。

豪華絢爛な衣装は見逃せません。

そして、女性がキレイに見せるために、どれだけ苦労しているかの種明かしも、なかなかです。

ほとんど期待せずに行ったこともあるけど、なかなか面白かったです。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★☆)

いわゆる「セレブ」の先駆け的存在で、その部分でもダイアナに被っています。

|

« 新宿三丁目【ボスボラス ハサン】(トルコ料理) | トップページ | 【舞台鑑賞】『赤い城 黒い砂』@日比谷・日生劇場 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんはhappy01
いみじくもジョージアナが劇中で「女性は服装や装飾品で自分を表現するのです。」って言ってましたが、古今東西まったく変わってない真理だなぁなどと素直に感心してしまいました。(笑)

投稿: KLY | 2009年4月14日 (火) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/29092152

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『ある公爵夫人の生涯』鑑賞:

» ある公爵夫人の生涯 [LOVE Cinemas 調布]
あのダイアナ妃の生家であるスペンサー家、その先祖にあたるジョージアナを演じるのはキーラ・ナイトレイ。そして嫁ぎ先のデヴォンジャー公爵を『ハリーポッター』シリーズでヴォルデモートを演じたレイフ・ファインズが演じています。西洋史モノ大好きな私にとっては楽しみにしていた一作であり、キーラ・ナイトレイを観るのも『パイレーツ・オブ・カリビアン』以来とあっては期待感が高まる一方なのでした。... [続きを読む]

受信: 2009年4月14日 (火) 23時32分

» ある公爵夫人の生涯 だから大人ってやーなのよ [労組書記長社労士のブログ]
【 21 -5-】 超暑がり{/m_0162/}超汗かきな俺{/m_0162/}{/m_0162/}{/m_0162/} もう今日から夏のスーツに替えた{/m_0160/} 軽〜い涼し〜い楽ち〜んだ〜い{/whale/}  TOHOシネマズ・ディだから1000円で映画が見れる昨日は難波にて{/m_0058/}(考えたら女性は毎週水曜に1000円で見れていいなあ〜男女機会均等にして欲しいなあ)  18世紀後半のイギリス。貴族の家に生まれたジョージアナは、世界で最も裕福な貴族の一人、デヴォンシャー公... [続きを読む]

受信: 2009年4月15日 (水) 13時28分

« 新宿三丁目【ボスボラス ハサン】(トルコ料理) | トップページ | 【舞台鑑賞】『赤い城 黒い砂』@日比谷・日生劇場 »