« 新宿東口【レストラン・アカシア】 | トップページ | オススメ!映画紹介『プラスティック・シティ』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『フィッシュ・ストーリー』鑑賞

Fish_story

ベストセラー作家・伊坂幸太郎×中村義洋監督。

『アヒルと鴨のコインロッカー』に続いて、2度目のタッグとなる二人。

それにしても、『ジェネラルルージュ』が公開されたばかりだと言うのに、中村監督って多作な監督ですね。

2012年。5時間後に彗星の衝突によって地球は破滅を迎えようとしていた。
静まり返った街にある、中古レコード店で流れるのは、まだパンクというジャンルがなかった1975年に、日本のバンド・逆鱗が録音した「FISH STORY」が流れていた。この曲が思わぬ形で地球を救うことになる。
1982年のいつか世界を救うと予言された気弱な大学生。
2009年に修学旅行中にシージャックに巻き込まれた女子高生と「正義の味方」になりたかったフェリーのコック。
そして、全ては第二次世界大戦後の混乱した時代へとつながっていく。

この作品は読んでいないのだけど、いかにも伊坂幸太郎作品らしい展開。

時代を飛びながら、1曲の曲に関わる人々のエピソードを紡いでいく。

まさに「風が吹くと桶屋が儲かる」的な展開。

あの時のこの出来事が、次につながり、それがまた別の形となって、受け継がれていく。

順番通りでないところが、推理しながら、ワクワクさせられてしまった。

メディア的にはバンド・逆鱗を演じる伊藤淳史、高良健吾が主役という扱いになっているけど、各時代、各時代で、美味しいですね。

気弱な大学生を演じた濱田岳君は『アヒル』からの連投ですが、まさにワールドの住人でした。

コック役の森山未來はケンカの達人の役。

プロのダンサーでもある彼が、踊るように相手をノックアウトしていくアクションは見所の一つです。

動きにムダがない!

そして、レコード屋店長の大森南朋は、物語の本質的なところで主人公と言えるでしょう。

そして、多部チャン。

『夜ピク』の印象が強いので、TVドラマでも見せるコミカルな感じはどうかなぁ、と思うのですが・・・。

ここでもオーバー気味の演技を見せてくれます。

多分、そこが狙いだったのだとは思いますが。

オチ、良いですね。

セリフの一つ、一つがつながっている感じ。

幽霊の声が聞こえるという噂もあった、1分間の空白に込められた真実、その想いのリレー。

劇場数が少ないのは、もったいないですね。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★☆)

|

« 新宿東口【レストラン・アカシア】 | トップページ | オススメ!映画紹介『プラスティック・シティ』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/28734638

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『フィッシュ・ストーリー』鑑賞:

» フィッシュストーリー [LOVE Cinemas 調布]
伊坂幸太郎の短編小説を映画化した作品。監督は中村義洋。主演は伊藤淳史だが、バンド“逆鱗”の仲間として高良健吾、渋川清彦、大川内利充が共演。他にも森山未來、濱田岳、多部未華子、大森南朋、石丸健二郎、中村有志など若手とベテランが多数出演している。というか、そのせいでポスターがインパクトに欠けるのだろうなと推測してみたり。(笑)... [続きを読む]

受信: 2009年3月27日 (金) 01時29分

« 新宿東口【レストラン・アカシア】 | トップページ | オススメ!映画紹介『プラスティック・シティ』鑑賞 »