« オススメ!映画紹介『三国志』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『ディファイアンス』鑑賞 »

愛読書!『美食探偵/火坂雅志』

Bishokutantei

NHK大河ドラマ『天地人』の作者として注目の火坂雅志氏の時代劇な探偵小説。

明治三十年の湘南。明治政府の要人の別荘が立ち並ぶ大磯が舞台。
海水浴旅館『禱龍館』に出入りする村井弦斎は、ベストセラー『食道楽』を著した気鋭の文士。
男爵家の子息との恋に破れ、入水自殺したとされるアイリーンという金髪女性の幽霊が出るという噂が広がっていた。実は男爵家の人間がアイリーンを殺害したのではないかとの説も浮上していた。
この事件を見事に解決して以降、弦斎の元に殺人、誘拐、行方不明。様々な依頼が寄せられるようになっていく。

村井弦斎というのは、三河藩の武士の家に生まれ、『食道楽』という今で言うグルメ小説で人気を集めた実在の作家だそうである。

そして、事件に巻き込まれるのは、大隈重信、伊藤博文、板垣退助、山県有朋と、明治政府の中心人物ばかりである。

そして、大隈重信の親戚筋になる令嬢・尾崎多嘉子との、身分違いの恋物語なんかもあって、非常に読みやすい小説でした。

5つのエピソードが綴られていますが、もう少し読んでみたいかな、という感じですかね。

|

« オススメ!映画紹介『三国志』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『ディファイアンス』鑑賞 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/28426043

この記事へのトラックバック一覧です: 愛読書!『美食探偵/火坂雅志』:

« オススメ!映画紹介『三国志』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『ディファイアンス』鑑賞 »