« オススメ!映画紹介『ハルフウェイ』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『美食探偵/火坂雅志』 »

オススメ!映画紹介『三国志』鑑賞

Sangokushi

時期的に大作『レッドクリフ』とダブりましたが、アンディ・ラウ主演の劉備軍の英雄・趙雲にスポットを当てた作品です。

戦乱の中国。貧しい家に生まれた趙雲は祖国統一の夢を抱き、同じ志を持つ平安と共に【蜀】の君主・劉備に仕える。
西暦208年、【魏】の最高権力者・曹操率いる大軍に攻められ、彼らの軍は劉備の夫人と子供を見失ってしまう。君主の家族を見捨てることができなかった趙雲は、たった一人で救出に向かう。立ちはだかる何万という曹操軍の中を突破し、無事に嫡子を擁して帰還する。
その後、『五虎大将軍』に任命され、国を守り続けていた趙雲だったが、名誉ある引退直前に最大の危機が訪れる。仲間が次々と戦死していく中、いまだ果たせぬ夢のため、彼は10万の敵軍へと単騎で突き進む。

『レッドクリフ』がオールキャストで、それぞれのキャラクターの物語を重視しているとしたら、こちらは平民から劉備に認められ大将として重用される一人の男・趙雲を、格好良いアクションを中心として、描いています。

演じているアンディは向こうの胡軍よりも年上ですが、何だか若々しい!

上映時間が102分なのですが、青年から戦死するまでの数十年間を、物凄いコンパクトにつないでいて驚くました。

戦闘シーンが多いものの、平和な世の中を夢見る男として描かれていて、曹操の孫娘である曹斐との因縁の対決がクライマックスに持って来ています。

この女武将を演じたのは、ハリウッド映画にも進出したマギーQ。

フランス系の血の流れたベトナム人ということですが、メチャクチャ美しい!

すごくオリエンタルな魅力のある女優さんですね。

音楽の入れ方とかアジアチックというか、京劇的な表現を使っているシーンもあって、中国の香りが強かったですね。

最近、また良く見かけるようになったサモハン・キンポー演じる趙雲の同郷の兄貴分の回想という感じで進むのですが、彼の話す中国語が少し軽い感じがして、香港映画っぽいのかな、とも思ってしまいました。

予想していたよりも、人、入っていました。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« オススメ!映画紹介『ハルフウェイ』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『美食探偵/火坂雅志』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/28426567

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『三国志』鑑賞:

» 三国志/THREE KINGDOMS [LOVE Cinemas 調布]
主演は『インファナル・アフェア』、『墨攻』のアンディ・ラウ。共演のマギー・Qとサモ・ハンは今回はオリジナルキャラクターで出演。実は試写会を観た方から、三國志演義のファンはちょっと・・・と言葉を濁されたので、かなり不安を抱きつつの鑑賞となりました。以前にも書きましたが、私は学生時代三国志研究会所属だったので、ちょっとハードルは高めです。果たしてどうなることやら・・・。... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 22時12分

» 英雄の書 上・下【宮部みゆき】 [本・月のうさぎ堂]
 それにいじめ問題や少年犯罪など現在の日本の世相を映し出す、問題にも鋭くメスをいれストーリーは展開していきます。さすが、宮部ワールド奥が深いです。 [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 00時34分

« オススメ!映画紹介『ハルフウェイ』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『美食探偵/火坂雅志』 »