« オススメ!映画紹介『プラスティック・シティ』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『ベッドタイム・ストーリー』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『DRAGONBALL EVOLUTION』鑑賞

Dragonball

物議を醸し出している日本産コミックのハリウッド実写版。

人気マンガ&アニメの実写化って難しいですね。

亡き祖父の遺志を受け継ぎ、世界中に散らばる7つの【ドラゴンボール】を集める旅に出た、孫悟空。その目的は、全て集めるとどんな願いも叶うというドラゴンボールを狙う、ピッコロ大魔王の世界征服の野望を阻止するためであった。
旅の途中で、悟空はドラゴンレーダーを頼りにドラゴンボールを探すブルマや、祖父の師匠でもある亀仙人たちの助けを借り、ピッコロ大魔王と人類の未来をかけた最後の闘いに挑む。

まず、原作のファンなら、天真爛漫な悟空が、バタバタなギャグを織り交ぜながら成長していく姿を期待するのだけど、物凄い情報量の物語を90分間で吹っ飛ばした感じがしました。

主要キャストにアジア系の俳優を配しながら、悟空とブルマはアメリカ人というのは、まずはハリウッドで成功しなくちゃいけない、ってことでしょうか。

悟空を普通のハイスクールに通う少年としたことで、アメコミ感を出そうとしたのかもしれませんが、彼の背負っている宿命が「ヘッ!?」って感じだったので、アメコミの持っている悲壮感みたいなものも出ていなかった。

どうせやるなら、役名も、細かな設定も変えてしまったら、良かったのかも知れないですね。

個人的には、その辺は別にどうでも良いかなと思っていたのですが、原作の舞台は、どこかの未来の世界って漠然とした感じがするのに、世界に散らばったと言いつつ、アメリカの狭い範囲にいくつもある訳で、その辺のスケール感がなかったことが気になりました。

まぁ、1つは日本らしい場所にあるのですが・・・。

敵役・マイを演じた田村英里子は懐かしいですね。

与えられた役の中では大健闘だと思うし、ハリウッドでも成功して欲しいですね。

僕が気になったのは、ヤムチャを演じていた韓国人俳優。

何と【g.o.d.】(またパンフの表記が間違っていた)のジューン兄さんではないですか!

出演していることを知らなかったので、嬉しかったです。

彼も在米コリアンですから、世界を股に掛けて成功して欲しいですね。

それから、余り大きく報じられていませんが、関めぐみチャンが重要な役柄で登場します。

母性と言うのでしょうか・・・?

作り方としては、散り散りになった7つのボールを再び集める旅を、いつでも始められるという終わり方をしています。

浜崎あゆみの主題歌が始まっても、席を立たないで下さい。続きがあります。

でも、パート2は難しいだろうなぁ。

作ったとしても日本での公開は慎重になるでしょう。

原作とは全くの別物と割り切って観る覚悟が必要です。

(満足度:★★★、オススメ度:★★☆)

|

« オススメ!映画紹介『プラスティック・シティ』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『ベッドタイム・ストーリー』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/28738890

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『DRAGONBALL EVOLUTION』鑑賞:

» DRAGONBALL EVOLUTION [LOVE Cinemas 調布]
存知の通り、鳥山明の人気コミック&アニメをハリウッドが実写映画化!主人公・孫悟空をジャスティン・チャットウィンが演じています。亀仙人には渋いベテラン俳優チョウ・ユンファが、更に『HEROS シーズン2』が話題になった田村英里子も、映画オリジナルキャラ・マイ役で遂にハリウッド進出です。ネットでの評価はどうもいま一つですがどうなんでしょう。先行上映で鑑賞です。... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火) 23時27分

« オススメ!映画紹介『プラスティック・シティ』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『ベッドタイム・ストーリー』鑑賞 »