« オススメ!映画紹介『チェンジリング』鑑賞 | トップページ | ラグビー2009!! 日本選手権【決勝戦】サントリーvs三洋電機@秩父宮ラグビー場 »

愛読書!『螺鈿迷宮/海堂尊』

Raden

『バチスタ』の海堂尊氏の話題作。

バチスタ・スキャンダルから1年半。東城大学の劣等医学生・天野大吉は、幼なじみの記者・別宮葉子から「碧翠院桜宮病院に潜入取材して欲しい」という依頼を受ける。
院長の桜宮巌雄と双子の美人女医が経営する病院は、終末医療の先端施設としてマスコミから注目を集めていたが、医療ボランティアとして潜入した大吉の前で、患者が次々に不自然な死を遂げていた。
そんな中、奇妙な皮膚科の医者がやって来た。
彼の名前は白鳥!

東城大学の隣りにある病院を舞台に、厚生労働省のロジカルモンスター白鳥と、『ジェネラルルージュ』でも活躍したドジな看護士(?)姫宮が登場しますが、主役は医大生の若者。

事故死した両親の遺産を食いつぶす道楽者だけど、それなりの正義感と好奇心と行動力で事件に巻き込まれていきます。

初登場の彼のキャラクターをつかむのに、上巻の序盤は時間が掛かってしまいましたが、病院に潜入後、姫宮のドジの被害に遭い、白鳥のインチキ診察を受ける辺りでは、ツボにはまっていました。

ただし、『田口・白鳥』シリーズに比べると、事件が複雑でミステリー色が強く、リアリティはないかもしれません。

なんでも『バチスタ』執筆後に第2弾として執筆したものの、出版社から『バチスタ』の続編をと依頼され、先に『ナイチンゲール』を出したそうです。

時系列的には、『ジェネラルルージュ』で看護士研修を終えた姫宮という感じになっていて、物語は一応つながっています。

『ジェネラルルージュ』なんかには、セリフで登場してきますしね。

ここでも、高階院長や、藤原看護士、そしてグッチーこと田口先生まで登場してくれます。

ワールドとしては、なかなか面白かったですし、作者の頭の中では大吉君シリーズも構想中なのだとか。

留年中の彼が一念発起して、素晴らしい医者に成長していくことに期待しましょう!

|

« オススメ!映画紹介『チェンジリング』鑑賞 | トップページ | ラグビー2009!! 日本選手権【決勝戦】サントリーvs三洋電機@秩父宮ラグビー場 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/28380276

この記事へのトラックバック一覧です: 愛読書!『螺鈿迷宮/海堂尊』:

« オススメ!映画紹介『チェンジリング』鑑賞 | トップページ | ラグビー2009!! 日本選手権【決勝戦】サントリーvs三洋電機@秩父宮ラグビー場 »