« オススメ!映画紹介『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『螺鈿迷宮/海堂尊』 »

オススメ!映画紹介『チェンジリング』鑑賞

Changeling

受賞は逃しましたが、夫婦でオスカーの主演俳優に同時ノミネートされるのは珍しいみたいですね。

1928年に、実際にLAで起きた少年の失踪事件を基に、クリント・イーストウッド監督が映像化した作品。

ロサンゼルスの郊外で、9歳の息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。
休日出勤が出来なくなった同僚に代わりに仕事に出かけたクリスティンが帰宅すると、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。
そして、5か月後。警察から息子が発見されたとの朗報を聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。
だが、彼女の前に現れたのは、最愛のウォルターではなく、彼によく似た、見知らぬ少年だった。

よくあるミステリーなのかな、と思ったら、ものすごい闇の中に突き落とされた感じがしました。

全体的に画面が暗くて、導入部分はテンポの良くないので、眠くなりかけたのですが、ニセの息子との再会(?)辺りから、面白くなっていきました。

先日鑑賞した『フェイク・シティ』でもLA市警の腐敗が題材になっていましたが、こちらは実話というところが厄介です。

少年を息子ではないと主張するクリスティンは、精神病棟に収容されるのだけど、そこにいるのは、たまたま遭遇した事件を通報したら、犯人が警察官だったために、通報者が異常者だった、で片付けられた人たちが含まれていた。

これは結構ショッキングですね。

そして、不法入国していたカナダ人少年を保護したことから発見される、猟奇的な事件。

腐敗した警察官ではない刑事が担当してくれたから、二つの事件は結びついたのだけど・・・。

正直、線は細いけど、意志は強い女性という、この母親役はアンジーでなければ、という役柄でもないかもしれない。

6人の子供を抱え、出演辞退を申し出るはずが、本の出来の良さに「出演します」と言ってしまったそうである。

それだけに、いつものセクシー路線は完全に封印して演じてくれている。

クリスティンを助ける牧師役で、マルコビッチが全く笑い要素なしで出ているのが、印象的でした。

観終わった直後より、あとになってジンワリを効いてきました。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★★)

|

« オススメ!映画紹介『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『螺鈿迷宮/海堂尊』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/28328912

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『チェンジリング』鑑賞:

» チェンジリング [LOVE Cinemas 調布]
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』と並ぶ新春大型作品です。主演はアンジェリーナ・ジョリー、そして監督はあのクリント・イーストウッド。1920年代アメリカの実話を元にした作品です。アンジェリーナ・ジョリーは本作で第81回アカデミー賞主演女優賞にノミネート。ご主人の主演男優賞ノミネートと併せて夫婦でオスカー獲得となるのでしょうか。(発表は日本時間の23日。)... [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 (木) 23時25分

« オススメ!映画紹介『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『螺鈿迷宮/海堂尊』 »