« 西早稲田【えぞ菊本店】 | トップページ | 六本木【佐世保バーガー】 »

オススメ!映画紹介『ブラッド・ブラザーズ・天堂口』鑑賞

Bloodbrothers

『レッド・クリフ』シリーズのジョン・ウー監督が総指揮を務めた【上海ノワール】。

1930年代の上海。貧村から3人の若者・カン、フ兄弟とフォンが成功を夢見てやってくる。
人並みに金を設けるには危険な仕事しか残されていないが、義兄弟の契りを交わした3人は血よりも濃い絆だけを頼りにマフィアの手下として生き抜くことを決意する。
そして、足を踏み入れたナイトクラブ「パラダイス・クラブ」で美貌を誇る歌姫・ルル、マフィアのボスの命を狙うヒットマン・マークとの出会いが、3人の人生を狂わせはじめる。

観るまでは、苦手なタイプのノワール物だったら嫌だな、とも思ったのですが、大丈夫でした。

兄弟、仁義、復讐、恋・・・。

基本的な要素を忠実に散りばめ、バランスは良かったですね。

まず、ダニエル・ウーが演じたフォンが、親友とその兄に付き添って上海に行き、二人を救うために成り行きで人を殺してしまったという後悔の中、黒社会の一員となっても、好青年であったというのが、入り込み易かった。

しかし、良く考えると、故郷に初恋の幼馴染を置いてきて、ボスの愛人の歌姫に恋をするという浮気者ではあるのですけど・・・。

それに、彼がケガをしたヒットマンを助けなければ、もう少し安寧な時を過ごせたのかもしれないですよね。

歌姫のスー・チー、ボスの片腕ながら裏切りのチャンスを虎視眈々と狙うチャン・チェンの台湾組が、共にセクシーな風情を漂わせていて、この作品の世界感を作り上げていたように思います。

特に、チャン・チェンは、ヒットマンの格好が本当に良く似合っていました。

もう一人、台湾から参加のトニー・ヤンですが、繊細な男の子の機微を演じられる素材だけに、マフィアの世界になじめず、酒におぼれていくという設定はありなのですが、豪華キャストの中で目立たなかったのは仕方がないのかな・・・。

そして、大陸から参加のリウ・イエですが、田舎町のガキ大将から、黒社会のトップに成り上がることを取り付かれた青年を激しく演じます。

最近は娯楽大作のヒール役を演じることが多くなってきているように思います。

初期の『山の郵便局』や『小さな中国のお針子』のような、純朴な、微笑みの似合う青年役を久しく観ていないような気がします。

中国一番の演技学校でチャン・ツィーと同級生だったという彼。

作家性の強い芸術的作品を日本でも公開して欲しいなぁ・・・。

中国、香港、台湾の才能が、一度に楽しめました。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« 西早稲田【えぞ菊本店】 | トップページ | 六本木【佐世保バーガー】 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/28275490

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『ブラッド・ブラザーズ・天堂口』鑑賞:

» 沢尻エリカ おっぱい見せすぎ [沢尻エリカ おっぱい見せすぎ]
沢尻エリカ おっぱい見せすぎ [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 11時26分

« 西早稲田【えぞ菊本店】 | トップページ | 六本木【佐世保バーガー】 »