« オススメ!映画紹介『ララピポ』鑑賞 | トップページ | 【舞台鑑賞】『ALTAR BOYZ』@新宿FACE »

オススメ!映画紹介『悲夢』鑑賞

Himu

オダジョー×キドクって、僕の好きな映画の要素の融合なんだけど。

難解な作品を持って来ましたねぇ。

別れた恋人を忘れられない男・ジンと、別れた恋人が憎くてたまらない女・ラン。
交通事故の夢が余りにもリアルだったために、急いで事故現場へ車を走らせると、ジンが夢で起こした事故と全く同じ状況で、夢遊病者のランが事故を引き起こしていた。
夢の中でかつての恋人と再会するジン。彼の夢に呼応するように、ランはかつての恋人と不幸な時間を過ごす。
そんな彼らに、精神科医は「二人が愛し合えば夢は消え、夢遊病も治る」と告げる。
襲い来る夢の数々に、必死であがらう二人。彼らは悲しい運命を変えるため、静かに激しい恋に落ちていく。それがたとえ叶わぬ恋であっても・・・。

他の人の感想を読んでみると、オダジョーが話す日本語のセリフに、韓国人俳優は何事もなかったように韓国語で呼応する、という展開に違和感を感じている人が多いみたいですね。

僕は、友達に韓国人や台湾人がいて、彼等は日本語がしゃべれるのだけど、その友人達は母国語しか話せない。

僕のカタコトのハングルや北京語に、ボディランゲージや英語で意思疎通は出来るのですが、夢の中では、全く異なる言語を話していても、会話出来ていたりするんですね。

だから、この作品は全てが夢の中の出来事なのかな、と思ってみると、特に違和感を感じることはなかったのです。

ジンの夢とランの現実の境が複雑に絡みあって、特にそれぞれの元恋人と4人が口論となる草原のシーン。

本当は誰と誰の組み合わせで口論しているのだろうか、考えてみると、なかなか面白いシーンでした。

イ・ナヨンは、美人だよなぁ・・・。

彼女がキム・キドク監督の作品に出るというのが、意外でしたが、そこは演技派女優。

見事にコラボレーションしています。

韓国の寺院とか、韓国家屋とかが、キム・キドクの世界っぽくて、印象的でした。

最後に二人が取った、二人が幸せになるための行為。

切ないかったなぁ・・・。

キム・キドク作品は、これまで渋谷や六本木に行かないといけなかったのが、新宿で観られたというのが嬉しかった。

もう一度観たら、また違う感想が出てくるのかもしれない、そんな作品でした。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★)

|

« オススメ!映画紹介『ララピポ』鑑賞 | トップページ | 【舞台鑑賞】『ALTAR BOYZ』@新宿FACE »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/27905519

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『悲夢』鑑賞:

» マナカナ 画像 [マナカナ 画像]
マナカナ、ほんと息ぴったりで不思議なくらいにてますね。マナカナの二人がでてくるとなんだかにこにこしちゃいますよね。 マナカナちゃん、そっくりですよね。 [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 04時20分

« オススメ!映画紹介『ララピポ』鑑賞 | トップページ | 【舞台鑑賞】『ALTAR BOYZ』@新宿FACE »