« オススメ!映画紹介『20世紀少年<第2章>最後の希望』鑑賞 | トップページ | 大阪・喰い倒れの旅【鶴橋・牛一】 »

トップリーグ08-09MS杯セミファイナル!サントリーvs三洋電機@大阪・花園ラグビー場

大阪へ行ってきました。

花園ラグビー場の相性は余り良くないので、悩んだのですけど。

でも、後になって「やっぱり行っておけば良かった」と後悔するのも嫌かなぁ、と思ったので・・・。

立ち上がりのサンゴリアス、珍しい位に良かった。

復活したソンゲタやライアンを中心に縦に攻める。

SO・曽我部のトリッキーな動き、キックパスとかも決まっている。

“11番”のFB・ザワの柔らかいステップで陣地を進める。

シノちゃんが跳び、タケが走る。

・・・悪くない。

フォワードが若干押され気味で、澄憲の珠出しが若干遅れ気味というのもあったけど、三洋の第一列は現役の日本代表レギュラー、こちらはリザーブ組ですから、力の差はそれ程ない。

前半は本当にテンポの良い試合で、観ていて楽しかった。

しかし、前半30分過ぎ。

曽我部が負傷退場する。

そこから流れが変わってしまったような気がする。

代わりに入った心君の出来が悪かった訳ではない。

後半は風上に立ち、得意のキックで陣地を稼いでいたし、タックルについては、あの小さな身体の何処にそんなパワーがあるのだろうか、という働きを見せる。

それでも、・・・なのだから。

SOというのはゲームの要。

今のサントリーというチームが、清宮監督をして【天才】と言わしめた曽我部を生かすために作り上げたシステムなのかもしれません。

不運もあった。

藤レフリーが三洋のアクシデンタル・オフサイド(又は、オブストラクション)やノックオンを見逃したり、流したのに対して、サントリーは自陣ゴール目前で長友がハイタックルを取られるなど厳しかったですね。

サントリーサイドの観客席からは、ずっとブーイングが続いていました。

タッチジャッジにも主張してもらいたいものですね。

そんな感じで、ペナルティを重ねたサントリーは、三洋のSO・入江(スーパーブーツ!)にPGを献上することになってしまったのでした。

展開としてはシーソーゲーム。

でも、観ていて、面白くなかった。

確かに、リーグ戦にはリーグ戦の、トーナメントにはトーナメントの戦い方があるし、勝ち方がある。

勝たなければ、次のないトーナメントは勝つことが第一なのであって、勝ち方は二の次である。

そこに徹した三洋の勝利とも言える。

しかし、来週、秩父宮での決勝の相手は東芝である。

今日の試合運びで、勝てる相手かというと、そんなはずがない。

ラグビーはトライを取ってこその競技だと思う。

だから、サントリーには、例え、今日は負けたとしても、最後はトライを奪取して欲しかった。

でも、時間が無くなっていくことへの焦りなのか、ミスを連発してしまった。

悔しいけど、完敗です。

しかし、プレイオフの制度が出来たことで、負けたチームでも日本選手権までに立ち直せば【日本一】なることが出来る。

だから、気持ちを入れ替えて、もう一度・・・。

日本選手権では準決勝で東芝と当たる。

その前は早稲田だ!どっち応援しよう!?

うん、ALIVEしましょう!!

|

« オススメ!映画紹介『20世紀少年<第2章>最後の希望』鑑賞 | トップページ | 大阪・喰い倒れの旅【鶴橋・牛一】 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/27681071

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ08-09MS杯セミファイナル!サントリーvs三洋電機@大阪・花園ラグビー場:

« オススメ!映画紹介『20世紀少年<第2章>最後の希望』鑑賞 | トップページ | 大阪・喰い倒れの旅【鶴橋・牛一】 »