« オススメ!映画紹介『ミラーズ』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『悪夢探偵2』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『アンダー・カバー』鑑賞

Undercover

ホアキン・フェニックスとマーク・ウォールバーグが兄弟を演じるアクション映画です。

1988年、ニューヨーク。警官一家に生まれたボビーは、家業に背を向け、母親の旧姓を名乗り、ロシア人が経営するナイトクラブの支配人として働いていた。
一方、父親の後継者としてニューヨーク市警のエリート警官として順調に歩んできた兄・ジョセフは、麻薬組織として台頭してきたロシアンマフィアを潰す計画を練っていた。
別々の人生を歩んでいた兄弟だったが、伝説の警察官であった父・バート警視がマフィアの手によって殺されたとき、2人の運命が大きく動き出す。

作品のテーマとしてボスの寵愛を受けた人物が内通者という設定が『ディパーテッド』にも似ていたこともあり、マーク・ウォールバーグの活躍を期待したのですが、ホアキン・フェニックスの作品という印象が強いですね。

育ての親とも言うべきロシア人との義理と肉親への愛情で葛藤する弟の内面的な演技を、奥深く演じているのが印象的でした。

すごく哀愁感のある表情しています。

もちろん、マーク・ウォールバーグも、自由に生きる弟を羨みながら、優等生としてしか生きられない兄を、特にある事件が原因にトラウマを持つようになってからの苦悩する様子は見事でした。

自分も二人兄弟の弟ですが、反目し合う兄弟の構図というのは、理解しやすいものがあります。

本当は一番気になる相手でもあるし、すごく屈折している。

その辺りの描写はリアルに描けていました。

それから、父親が殺害される雨のカーチェイスのシーンは、なかなか迫力ありましたね。

また、あそこでボビーがなす術もなく、オロオロしているだけ、というのも、リアルな描写でした。

ハードな感じの物は苦手という人でも、割りと入りやすい作品だと思います。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« オススメ!映画紹介『ミラーズ』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『悪夢探偵2』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/26783983

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『アンダー・カバー』鑑賞 :

« オススメ!映画紹介『ミラーズ』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『悪夢探偵2』鑑賞 »