« 愛読書!『ジェネラル・ルージュの凱旋/海堂尊』 | トップページ | トップリーグ08-09MS杯セミファイナル!サントリーvs三洋電機@大阪・花園ラグビー場 »

オススメ!映画紹介『20世紀少年<第2章>最後の希望』鑑賞

20thcboys2

昨夜の第1章の編集バージョンを観たら、待ち切れなくて、初日に観ちゃいました。

【血の大晦日】から15年が経った2015年の東京。
2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト・ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した【ともだち】は世界の救世主と崇められていた。高校生になったケンヂの姪・カンナは、そんな【ともだち】中心の国家に反抗し、そのため問題児とみなされ、洗脳施設「ともだちランド」での研修を命じられる。しかし、そこでカンナは次第に【ともだち】の真相に近づいていく・・・。
一方、事件以来バラバラになっている秘密基地のメンバーたちは、それぞれ秘かに戦いを続けていた。

原作を忠実に再現した第1章に比べると、登場人物、基本的なストーリーは同じでも、若干変更してきましたね。

枝葉は省いたというか。

特に少年時代のシーンが、バーチャル・ステージに集約されていて、少なくなった印象を持ちました。

でも、原作そっくりのキャストは相変わらずに凄い。

今回はカンナ役に平愛梨を見つけた時点で決定でしょう。

ケンヂの正義感、ユキジの負けん気、オッチョの目力を兼ね備えたカンナ。

第1章では、人物紹介に時間を割き、また、前半は優柔不断だったケンヂが、身の周りで起きていることに迷いながら展開していたので、スローペースだった気がします。

しかし、第2章では主役がカンナに変わって、疾走感が出ましたね。

テンポ、ものすごく、良いです。

本当は女の子で、大好きなケンヂおじちゃんを思うと泣けてきそうな場面でも、カンナは泣かない子、と必死に気持ちを上げていく感じが、非情に良く出ていたと思います。

小泉響子役の木南晴夏の漫画チックな表情も見事!

個人的にはサダキヨのユースケ、春波夫の古田新太、そして、マライヤの前健の作り込んだ顔も良かった。

小池栄子の高須は、原作とはキャラが変わっていたけど、あれはあれで良かったんじゃないかな?

新米刑事の蝶野は、藤木君が演じるのだから、もう少し活躍させてあげたかったかも。

見所はいっぱいあるのですが、トヨエツが教会に飛び込んで来て、「カンナは俺たちの最後の希望だ!」と叫ぶところは鳥肌立ちました。

そして、最終章へ・・・。

特報を観たら、ワクワクして来ました。

8月29日まで待てないなぁ・・・。

原作は前回から第2章までの間に読んだのだけど、また読み直そう!

(満足度:★★★★☆、オススメ度:★★★★)

|

« 愛読書!『ジェネラル・ルージュの凱旋/海堂尊』 | トップページ | トップリーグ08-09MS杯セミファイナル!サントリーvs三洋電機@大阪・花園ラグビー場 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/27649175

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『20世紀少年<第2章>最後の希望』鑑賞 :

« 愛読書!『ジェネラル・ルージュの凱旋/海堂尊』 | トップページ | トップリーグ08-09MS杯セミファイナル!サントリーvs三洋電機@大阪・花園ラグビー場 »