« 愛読書!『北緯四十三度の神話/浅香卓弥』 | トップページ | オススメ!映画紹介『チェ 28歳の革命』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『きつねと私の12ヶ月』鑑賞

Kitsune12

ドキュメンタリー以外は初めてという『皇帝ペンギン』のリュック・ジャケ監督の作品。

秋の日の午後。学校からの帰り道、少女・リラは森の中で美しいキツネに出会い、その姿に魅せられてしまう。
キツネに【テトゥ】と名づけた彼女は、警戒心から人前になかなか姿を現さないテトゥに再び会うために、毎日森に通うようになる。
雪深い冬を越え、うららかな春を過ぎた頃、やがてリラの想いに応えるように、テトゥも少しずつリラとの距離を縮めていくのだが・・・。

リュック・ジャケ作品らしい、美しい風景と生命力あふれる動物たちの映像と、可愛らしい少女の物語を見事に融合していました。

キツネと少女ってことで、『北の国から』の蛍を連想してしまいました。

でも、10歳の少女が当てもなくキツネを探し回るには、舞台になった森は広すぎるんじゃないかなぁ・・・、ってことが気になっちゃいました。

ナレーションが大人の女性の声だったので、想い出話なのかなぁ、と思ったら、チョットした仕掛けがありました。

名作『星の王子さま』の読み聞かせであり、そこに自分の体験を織り込んでいく。

「動物と友達になる」ということは、ペットにするということではない。

大きな、大きな自然の中で学んだこと。

キツネとの出会い、絆、そして、別れ。

キレイ事だけでない切ないラストは意外性もあって、新鮮でした。

お子様から年配の方まで、広い世代の方が観に来ていました。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« 愛読書!『北緯四十三度の神話/浅香卓弥』 | トップページ | オススメ!映画紹介『チェ 28歳の革命』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/27073880

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『きつねと私の12ヶ月』鑑賞:

» きつねと私の12か月 [LOVE Cinemas 調布]
『皇帝ペンギン』のリュック・ジャケ監督作品。主演は・・・というより本作では人間は3人しか出てきません。主人公リラの少女時代を演じるベルティーユ・ノエル=ブリュノーと母親となったリラを演じるイザベル・カレ、そして大人になったリラの息子です。ららぽーと横浜遠征鑑賞第2弾♪... [続きを読む]

受信: 2009年1月14日 (水) 22時32分

« 愛読書!『北緯四十三度の神話/浅香卓弥』 | トップページ | オススメ!映画紹介『チェ 28歳の革命』鑑賞 »