« ラグビー2008冬!トップイースト・リコーvsNTTコミュニケーションズ@秩父宮ラグビー場 | トップページ | トップリーグ08-09第9節!サントリーvs近鉄@秩父宮ラグビー場 »

Live! Sotte Bosse TOUR 2008@水道橋・JCBホール

後楽園にSotte Bosseのライブに行ってきました。

i-depのライブは行ったことあるけど、Sotte Bosseとしては、初めて。

何がどう違うんだろう?楽しみにしていました。

僕はアリーナのCブロックのチケットを持っていたのですが、会場はアリーナに折り畳みイスが並んでいて、ブロック関係なしの全席自由となっていました。

早めに入ったので、中央付近に席ゲット!

A、Bのチケットの方には、申し訳ないことをしました。

ライブは最新CDと同じ『ココロに花を 傷ついた願いに愛を』でスタート。

ボッサ&ジャジーなイメージ通り、座って聴いていましたね。

基本的に最新CDを中心に並べていました。

プロデューサーでもなるナカムラヒロシ氏のキーボードを中心に、ドラムス、ギター、ベースは曲によって、エレキだったり、ウッドベースだったり、弓でコントラバス風に弾いていたりしてました。

それから、ヴァイオリンの哀しげな音色に、女性ヴォーカルが乗ってくる。

このバンド構成は好きだなんだなぁ。

ヴォーカルのCanaの声は非常に聞き取り易くて、スウィートで、それでいて『ボクとキミ』が良く似合う。

もちろんルックスは女の子っぽいし、『私』な歌詞の曲もあるのだけど、彼女の声で『ボクとキミ』と歌われると・・・参りましたね。

歌を歌うカナリヤが好きで、CDジャケは常に鳥をイメージしている、とか、ヒロシ君が超進学校に通っていて、学年トップ9位からワースト9位に落ちたのに、三者面談でお母さんが開口一番、「この子、パーマかけてるんです」って先生に言い出した話しとか、オシャベリがありましたが、MCはまだまだかなぁ。

ヒロシ君も行ってたけど、頑張りすぎちゃうんで、滑っちゃうんです、ってね。

カバーコーナーでは、MISIAの『Everything』、一青窈の『ハナミズキ』、米米の『君がいるだけで』の3曲でした。

『ハナミズキ』は、アレンジも、声も全く違うのに、振りは完全コピーしていました。

『ボクたちのうた』では、会場全員でLa、La、Laで合唱となりました。

今回のCDのタイトル『Tommorow knows yesterday』。

直訳すると「明日は昨日のことを知っている」じゃ、実もフタもないけど、「嬉しいことや哀しいことを経験した上で今の自分がいる。無駄なことなんてないんだ」という込められたメッセージを話してくれました。

ヒロシ君も、前職の瓦職人(!!)時代に屋根から落ちて、背骨を圧迫骨折して、あと5mmつぶれていたら下半身不随になったかもしれない、という状況の中で、「音楽家になろう」と決めたのだそうだ。

いやぁ、良い話だ。

こういう話の後で、『ナミダノコエ』とか聴くと、泣けるねぇ。

アンコールでは、YUKIの『メランコリニスタ』をカバー。

かねてから、YUKIの歌を歌って欲しかったので、念願が叶いました。

似ているけど、Canaの方が力強いのかもしれないなぁ、と思いました。

今日のLiveが年内最後だったそうです。

来年はまたアルバムCDを出して、Liveをしたいのだとか。

個人的には、並行して、i-depも忘れずに活動して欲しいなぁ。

|

« ラグビー2008冬!トップイースト・リコーvsNTTコミュニケーションズ@秩父宮ラグビー場 | トップページ | トップリーグ08-09第9節!サントリーvs近鉄@秩父宮ラグビー場 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/26164832

この記事へのトラックバック一覧です: Live! Sotte Bosse TOUR 2008@水道橋・JCBホール:

» JCBvol.1 [JCB]
JCBについて調べています。いろいろありますなぁ ブログで拾ってみました。とり... [続きを読む]

受信: 2008年12月14日 (日) 19時47分

« ラグビー2008冬!トップイースト・リコーvsNTTコミュニケーションズ@秩父宮ラグビー場 | トップページ | トップリーグ08-09第9節!サントリーvs近鉄@秩父宮ラグビー場 »