« 第88回天皇杯全日本サッカー選手権・準決勝!横浜Fマリノスvsガンバ大阪@国立競技場 | トップページ | 2008年を振り返る »

Live! GANGA ZUMBA winter circuit 足跡のない道@渋谷C.C.Lemonホール

2008年最後のLiveは、GANGA ZUMBAでした!

ずっとお隣りのAXやZeepだったので、ホールとしては初めて。

なんと席は、1階前ブロックの中央でした。

バッチリです。

♪ウォー、ウォ、ウォー、とメンバーのコーラスから始まった『HABATAKE!』。

もう、参りました。

頭っから本気モード。

アクセル全開で、『シュゴウ・アレグリア』、『ブラジレーロ・イン・トウキョウ』と突っ走りました。

今回の特徴としては、このスカ・ソング以外はGZのオリジナル曲が並んだということでしょうか。

(とは言え、今回のセットリストはイマイチ自信ないから、誰かがアップしてくれるのを待つんだ。)

EXILE風ダンスあり、ズームイン朝のお天気ソングは玲子先生、ルイス、モウラのソロパートの長いロング・ヴァージョン、そして、久々に聴いた『survivor』はMISIAのパートをクラウディアが歌いました。

クラウディア、ストレートのボブヘアになっていました。

MCは、日伯100周年への想い、というか、GZとしての3年間の集大成ということもあって、泣けちゃう位感動的でした。

プラス、不景気で最初にリストラされるのは、在日ブラジル人で、ミュージシャンとして何かしなくちゃ、という時事ネタに対する真摯な姿もありました。

『Wonderful World』では、伊藤直樹氏等、サポートメンバー4名が合流。

ブラス隊となったことで、♪パッ、パッ、パッ、パーパの厚みがスゴイ。

圧巻なパフォーマンスでした。

何か全体を通して、バンドとしての完成度が異常に高かった!

特にパーカッションは、スザーノvsフックが随所にあって、何か、二人とも子供みたいに楽しそうに演奏しているのが良かった。

アンコールでは、『足跡のない道』を、MIYAは白いワイシャツをきちんと着て、熱唱。

この曲だけは、正装して、歌いたかったんでしょうね。

アンコールは『Discotique』で終わったのだけど、拍手が鳴り止まない!

お約束のWアンコールは、再びゲストも呼び込んでの『Wonderful World』!

MIYAは、Tシャツを脱いで、バリバリに鍛えた上半身裸で、飛び跳ねてた!

観客も、もう汗ダクダクです!

しかし、サプライズは終わらない!

テンションの上がり切ってしまった会場の割れんばかりの拍手に、「じゃ、もう1曲」と言ってしまった!

「明日、歌えなくなっちゃうよ」と言った後、「明日のために、今日を完全燃焼する」と宣言して、再びの『Discotique』!

歌い終わって、最後のMCでは、もう声が出なくなってましたね・・・。

来年はMIYAのTHE BOOM・20周年に合わせて、まずはメンバーそれぞれのフィールドで、他のアーティストのサポートだったり、ソロ活動だったりに精を出すそうである。

しかし、その前に、明日の紅白歌合戦での『島唄』 by THE BOOM & GANGA ZUMBAのスペシャル・ユニット。

紅白は全世界に配信される番組なので、地球の裏側のブラジルまで届けられます。

高野君もMCで「夢見る力で夢さえ越えた出来事」と言っていたけど、本当に楽しみですね。

うん。

こうして、2008年も、良い感じで暮れていくのであった。

|

« 第88回天皇杯全日本サッカー選手権・準決勝!横浜Fマリノスvsガンバ大阪@国立競技場 | トップページ | 2008年を振り返る »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。同じコンサート行きました。高野寛さんのMC良く聴こえたのですね。後ろの方なので、なんとなくでした。詳報ありがとうございました。horse

投稿: サイドB | 2008年12月31日 (水) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/26649424

この記事へのトラックバック一覧です: Live! GANGA ZUMBA winter circuit 足跡のない道@渋谷C.C.Lemonホール:

« 第88回天皇杯全日本サッカー選手権・準決勝!横浜Fマリノスvsガンバ大阪@国立競技場 | トップページ | 2008年を振り返る »