« 愛読書!『きいろいぞう/西加奈子』 | トップページ | judo!! 嘉納治五郎杯東京国際柔道大会2008ワールドグランプリ »

Live! 日韓ポップフェスティバル<1日目>@渋谷C.C.レモンホール

会社の帰りに渋谷で開催されていた日韓イベントに参加して来ました。

2夜に分けて日韓8組のアーティストを紹介する毎年恒例のイベントの1日目です。

トップバッターは、韓国からPARANというグループ。

CDジャケットだけは見たことありました。

ラップを交えたコーラスグループですね。

数曲は日本語詞で歌っていたのですが、皆、上手いですね。

バラード主体でしたが、一番の歌唱力のAce君はロックとか合いそうだなと思ったら、案の定アップ目の曲の方が韓国人らしいドラマティックな歌唱にあっていました。

作曲をするPO君が大柄で、ラッパーのAJ君が妙に細っちぃのが印象に残りました。

続いては、ポップスとオペラを融合したポッペラ歌手のローズ・チャンさんが登場。

イル・ディーボの登場辺りから、良く聞きますよね。

日本では、本田美奈子.さんが生きていたら、このジャンルになったのかもしれませんが、まだメジャーではありませんね。

でも、韓国では結構増えてきているみたいです。

ミュージカルとか、クリスマスキャロルとか、和みました。

日本からは元LUNA SEAのSUGIZOが出場でした。

ヴァイオリンと和楽器、シンセサイザーに女性ヴォーカルという変わった編成で築く、アンビエントな世界。

引き込まれていきました。

スクリーンには、チェルノブイリや六ヶ所村のイメージフィルムが流れ、その危うげなサウンドと共に、静かなメッセージを届けます。

残念なのは、ひそひそ声が目立ったこと。

しゃべりたいなら、ロビーに出てけば良いのになぁ・・・、と、こういう多種多彩なゲストを交えてのイベントではいつも思うことではあるのだけれど。

そして、トリを飾ったのは、ソン・ホヨン氏でした。

最新ヒット曲の『I Know』をRemixヴァージョンで。

何と、今日の公演が初披露とのことでした。

いつもより声がハスキーだなと思ったら、韓国では賞レースのシーズンで、喉を休める暇もないままに歌い続け、昨夜もとある歌謡祭で人気賞の授賞式があって、そのまま来日したということで、最悪なコンディションだったのだとか。

最新アルバムより『記憶というものは』、デビューアルバムの『Lalala Song』と、進行するにつれ、気の毒な位に声が出なくなっていく。

すごく悔しそう・・・。

ラストは、お約束のg.o.g.メドレー『オモニム~Friday Night~エス~0%』。

前回のLiveでは、『フライデー』と『哀愁』はなかったので、嬉しかったですね。

そして、『0%』はいつ聞いても、楽しい!

本人はこんな状態で舞台に上がったのは初めてらしく、「逆に忘れないで下さい」と話していました。

そして、1月には東名阪でのソロライブが決定しているとのこと。

今日のリベンジは、きっとしてくれることだろう。

さっ、チケットのチェックしなくっちゃ!

|

« 愛読書!『きいろいぞう/西加奈子』 | トップページ | judo!! 嘉納治五郎杯東京国際柔道大会2008ワールドグランプリ »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/26114557

この記事へのトラックバック一覧です: Live! 日韓ポップフェスティバル<1日目>@渋谷C.C.レモンホール:

« 愛読書!『きいろいぞう/西加奈子』 | トップページ | judo!! 嘉納治五郎杯東京国際柔道大会2008ワールドグランプリ »