« 韓流シネフェス2008秋【13】『星から来た男』 | トップページ | Live! チョ・ソンモ【2008Korea/Japan CRY OUT】@東京国際フォーラム »

ラグビー2008秋!関東大学対抗戦 明治大学vs早稲田大学@国立競技場

早慶戦の記事で「国立競技場には魔物が住んでいる」とか、書かなければ良かったなと反省している。

だって、本当に住んでいたんだもん!

スポーツを精神論で片付けるのは良くないけど、

大学選手権に出場が出来なくなって、今シーズン最後の試合を有終の美で飾りたい明治と、

対抗戦2位が確定したものの、勝って大学選手権に弾みをつけたい早稲田。

どっちの方が「勝ちたい」気持ちが強いかってことなのかな。

有田の痒いところに手が届く嗅覚も、長尾の切れ味鋭いランも、山中の職人芸的なパス回しも、そしてキャプテン豊田の突進も、そこにはあったけど・・・。

明治が早稲田の攻撃を悉く、少人数で切っていた。

前へ、進んでも、進んでも、止められていた。

対する早稲田はディフェンスに人をかけすぎるから、スペースが生まれ、最後は走られてトライを献上していた。

お互いにハイ・タックルが多かったのが気になったが、早稲田は小さなハンドリング・ミスが多かったな。

スタミナという点では、明治は最後の方、遅延行為取られても良い位に消耗していたみたいですね。

2トライ2ゴールで同点、3トライで逆転という状況で、何となく2トライはいける気がしていた。

そして、ロスタイムでのトライ・・・。

このシーン、どこかで観たな、と思ったら、1990年の吉田vs堀越の年も、最後に今泉清が独走トライを決めて、守屋さんが同点ゴールを蹴ったんだ。

・・・結局、

24-22の接戦で、明治が制した。

明早戦に絞って、ピンポイントで準備できた明治に分が有ったと言えば、それまでだけど。

帝京の負けは選手権でリベンジする機会があるかもしれないけど、今日の負けは負けのまま、そう考えると少し悔しいかな。

とにかく、早稲田は、この負けを切り換えて、そして、バネにして、選手権を勝ち抜いて欲しい。

だって、2日のチケット、買っちゃったんだもん!

まぁ、早稲田が負けても、年中行事だから観に行くけどね。

|

« 韓流シネフェス2008秋【13】『星から来た男』 | トップページ | Live! チョ・ソンモ【2008Korea/Japan CRY OUT】@東京国際フォーラム »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/26001164

この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー2008秋!関東大学対抗戦 明治大学vs早稲田大学@国立競技場:

« 韓流シネフェス2008秋【13】『星から来た男』 | トップページ | Live! チョ・ソンモ【2008Korea/Japan CRY OUT】@東京国際フォーラム »