« ラグビー2008秋!関東大学対抗戦 早稲田大学vs慶応義塾大学@秩父宮ラグビー場 | トップページ | 祝!紅白出場!THE BOOM & GANGA ZUMBA »

第9回東京フィルメックス・特別招待作品『文雀』鑑賞

話しが前後しますが、午前中は有楽町マリオンにおりました。

今年で9回目の東京フィルメックス。

東京国際映画祭よりも作家性とか、メッセージ色の強い作品を紹介する映画祭。

一度紹介した監督には拘り続け、新作の度に招待したりします。

今回観たのは、そんな監督の一人、香港のジョニー・トー監督のベルリン映画祭コンペ参加作品です。

香港で3人の仲間と共にスリチームを結成しているケイの表の顔は、クラシックカメラで香港の街を撮影するカメラマン。ある日、彼が撮影しているカメラに目線を送るミステリアスな女性に心を奪われる。美女の名前はチュンレイ。しかし、彼女はケイだけでなく、3人の仲間たちにも接近し、魅せられていた。
チュンレイがトラブルに巻き込まれていることを知った4人は、そのトラブル解決に手を貸すことにしたのだが、そこに現れたのは、暗黒街の大物で元・スリ師で、彼女はその愛人で、自由の身になることが4人に近付いた目的だった。
4人は、彼女を無事に救い出すことが出来るのだろうか。

軽快なジャズのテンポに合わせて進行するコメディ。

割とクラシカルな雰囲気もあって、オシャレなスリの物語という雰囲気もある。

主演は常連のサイモン・ヤンだし、スリでのし上がった暗黒街の黒幕の登場と、ジョニー・トーらしい題材ながら、監督っぽくないテイストを含んでいました。

チュンレイを演じた女優さんが、それほどタイプではなかったので、4人が彼女に魅力にハマっていく展開に、ヘェ~、って感じで、ノレなかったですね。

それを差し引いても、面白かったですね。

28日金曜日の夜に、再び上映されますね。

そうそう、フィルメックスの上映って、なぜか機械トラブルが発生するのですが、この作品でも約1分間中断されました。

大事に至らなくて、何よりです。

以前に、機材が完全に壊れてしまって、フィルムを1本流したら、巻き直しに10分休憩というのをやりましたね。

韓国映画の『チャンピオン』でした。

会場からは「何だっけ、あのボクサーの」って声がしていました。

同じマリオンの9階では若者が降りていきましたが、こちらの会場はそんなマニアな人が多いのだなぁ・・・、と。

|

« ラグビー2008秋!関東大学対抗戦 早稲田大学vs慶応義塾大学@秩父宮ラグビー場 | トップページ | 祝!紅白出場!THE BOOM & GANGA ZUMBA »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/25600490

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回東京フィルメックス・特別招待作品『文雀』鑑賞:

» アダルトギー [アダルトギー]
アダルトギー [続きを読む]

受信: 2008年11月26日 (水) 07時47分

« ラグビー2008秋!関東大学対抗戦 早稲田大学vs慶応義塾大学@秩父宮ラグビー場 | トップページ | 祝!紅白出場!THE BOOM & GANGA ZUMBA »