« 韓流シネフェス2008秋【8】『ファム・ファタール』 | トップページ | 愛読書!『雨の日も、晴れ男/水野敬也』 »

韓流シネフェス2008秋【9】『リターン』

Return

僕的には好きな部類に入る作品でした。

医療スリラーというジャンルも、それ程多くないですよね。

手術の途中に意識が戻る【手術中覚醒】を経験した10歳の少年ナ・サンウは、性格が冷淡になり、その奇行が心配されたが、結局は一人の少女を殺害し、精神病院に隔離される。精神科医の睡眠療法により、過去の記憶が消し去られ、新たな人生を歩むことになった。
あれから20年。世間は彼の存在を忘れていた。
将来を嘱望された外科医のジェウは、妻ヒジンとも幸せな結婚生活を送っていた。最近、彼の唯一の悩みは、執刀手術中に死亡した患者の夫イ・ミョンソクの脅迫と、毎晩同じ夢にうなされていたこと。
ある日、麻酔が不可能な患者の手術のために、麻酔科医のチャン・ソクホ、催眠治療のオ・チフンと共に、催眠手術への試みを決める。そんな中、幼なじみでLAに住んでいる友人カン・ウクファンが10年ぶりに現われ、また、ヒジンはストーカーに付け狙われるようになっていた。

キム・テウの精神科医、良い味出てましたね。

彼はどちらかというど、頼りない、だらしない青年をやらせると絵になるのだけど、今回は何を考えているか分からない、不気味でもあり、沈着冷静な精神科医という役どころを、見事に演じていました。

サンウ自体が、すごく可愛そうな少年なのだけど、その復讐劇は悪意に満ち溢れていて、正直気持ちの良いものではありません。

謎が謎を呼び、真犯人が誰なのか、分からなくなっていきます。

病院で起きた悲劇が原因になっているのに、被害者とも言える少年が、医療関係に従事してよいのか、という疑問は残ったのですが、なかなか良く出来ている脚本だと思いました。

手術映像など、多少は血が飛び出すシーンもあるので、嫌いでなかった是非に。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★☆)

|

« 韓流シネフェス2008秋【8】『ファム・ファタール』 | トップページ | 愛読書!『雨の日も、晴れ男/水野敬也』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/24966580

この記事へのトラックバック一覧です: 韓流シネフェス2008秋【9】『リターン』:

» [ 飛び出す 絵 ]での検索結果 [いい商品をシンプル検索]
飛び出す 絵 に関する日本国内の三大オンラインショッピングモール、Yahoo! 楽天 AMAZONの検索結果、ブログからの口コミ情報を提供しています。 [続きを読む]

受信: 2008年11月 6日 (木) 07時33分

« 韓流シネフェス2008秋【8】『ファム・ファタール』 | トップページ | 愛読書!『雨の日も、晴れ男/水野敬也』 »