« オススメ!映画紹介『宿命』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『最後の初恋』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『容疑者Xの献身』鑑賞

X1想像以上に原作に寄り添った映画でした。

貝塚北警察署の女性刑事・内海薫は、先輩・草薙と大森の河川敷の野球場で発見された絞殺死体の捜査に乗り出していた。
被害者・富樫慎二の別れた妻・花岡靖子に事情聴取を開始するが、彼女の隣人である高校の数学教師・石神が、【ガリレオ先生】湯川准教授の大学時代の友人であることが分かる。
興味から事件に首を突っ込んだ湯川は、犯人の沈着冷静な行動に、唯一の親友である石神が事件の背後にいるのではないかと推理し、苦悩することになっていく。

大ヒットドラマの映画化(正確には、ドラマ開始前に映画化は決まっていたのだが、)だけに、前の事件の馬鹿馬鹿しい程に大規模な実験をやってみせたりして、見せ場を作っていた。

原作は石神を中心に据えていたが、映画ではやはり湯川学を中心にし、知らなければ良かった親友の想いに気付いて、自分がこの事件を暴くことで、幸せになる人はいない、と苦悩する湯川。

感情を抑え、クールに演じようとすればするほどに切なく、福山雅治のまさにハマリ役。

柴咲コウ演じる内海は、新米刑事の浮ついた感じがなくなり、湯川とのコンビネーションも良くなっていました。

大学の同級生ということで、原作では「石神-湯川-草薙」という構図だったので、彼女の立ち位置については、正直心配でした。

正直、TV版ほど目立たなかったのかもしれませんが、ほんの少しニュアンスを変えることで、時には苦悩する湯川を見守るマリヤのように包み込む大きさもあったりして、悪くはなかったと思いますよ。

とは言え、石神を演じた堤真一、靖子を演じた松雪泰子は、良かったですね。

正直、柔道体型でズングリムックリなハゲ中年を想像していただけに、堤さんは格好良すぎだろう、と思ったのですが、なかなか哀愁感のある佇まいでした。

途中のストーカーの下りも、原作では「容姿がマズイからそっちに走るのか」というリアルがあったけど、映画では「それも作戦だったのか」という天才の頭脳という感じがしました。

松雪さんも、いくら錦糸町No.1ホステスで、会社社長が入揚げる女にしても、美人過ぎるだろう、と思ったのだけど、いつもの弾けた感じは微塵も見せず、しっとりとした演技を見せてくれました。

文章では気が付かずに見事にトリックに引っ掛かるのですが、トリックを知っていたこともあって、映像として映し出されると、かなり不自然なカットもあったし、結構あから様にヒントを提示しているのですよね。

TV版の個性派レギュラー陣ですが、湯川の助手役の渡辺いっけいさんは当然チョコチョコ出てきて邪魔してくれますが、解剖医の真矢みきさん、先輩刑事の品川君はほとんど出番がない!

舞台挨拶で「僕の出番は15秒です」と言って、場内をざわつかせた品川君は、実際にはもう少し映っています。

が、事件をミスリードさせる役ですので、石神に拘る人たちとの絡みが少ないのは仕方ないのかな・・・。

シリーズはいくらでも続けられそうな世界ですので、今後も新作を期待するのでした。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★★)

|

« オススメ!映画紹介『宿命』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『最後の初恋』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/24366619

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『容疑者Xの献身』鑑賞:

« オススメ!映画紹介『宿命』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『最後の初恋』鑑賞 »