« 第21回東京国際映画祭【3日目】 | トップページ | 第21回東京国際映画祭【5日目】 »

愛読書!『蛍坂/北森鴻』

Hotaruzaka民族学者の蓮丈那智シリーズや骨董品屋の『冬狐堂』シリーズが気に入っている北森鴻氏の特集コーナーを、某大型書店で発見し、1年前に発売された文庫を偶然に手にしました。

三軒茶屋の住宅街にあるビア・バー「香菜里屋」。常連の客たちによって持ち込まれる謎に、マスター工藤は、鋭い考察と旨いビールで、わだかまりを柔らかくほぐしていく、こちらも人気シリーズ。

那智さんや冬狐堂とも、交錯するバーにもなっております。

今回も、16年振りに帰ってきた戦場カメラマンが、恋人と別れた蛍坂の真実を知る表題作や、タウン誌に掲載された記事によって巻き起こる『猫に恩返し』、三茶の都市開発をめぐるわだかまりと恋心をつづった『雪待人』等の5作が収められています。

小説家と浅草・隅田川のホームレスとの関係をミステリアスに描いた『双豹』は、なかなか上手く出来ているけど、途中で種に気付いちゃいました。

この作品は、シリーズ第3弾なので、シリーズの第1弾『花の下にて春死なむ』、第2弾『桜宵』も読まないとなぁ、と考えております。

しかし、ビア・バーなのに、工藤さんの作る肴は、読んでいるだけでも、食べたくなるようなものばかりですよね。

本当にあるなら、絶対に行ってみたい!

|

« 第21回東京国際映画祭【3日目】 | トップページ | 第21回東京国際映画祭【5日目】 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/24657819

この記事へのトラックバック一覧です: 愛読書!『蛍坂/北森鴻』:

« 第21回東京国際映画祭【3日目】 | トップページ | 第21回東京国際映画祭【5日目】 »