« 第21回東京国際映画祭【1日目】 | トップページ | 第21回東京国際映画祭【3日目】 »

第21回東京国際映画祭【2日目】

2日目は、朝から一気に5本も鑑賞してしまいました。

○生きていく日々(香港)

これ、好きな感じの作品でした。

市街地から1時間近く離れた郊外には、低所得者が生活保護を受けながら生活する政府直営のニュータウンがあるそうで、そこに暮らす母子と最近、引っ越してきた老女の生活を淡々と描いた、女流ベテラン監督のアン・ホイの作品。

スーパーで働くオバちゃん二人の会話や、中学5年生の成績優秀な息子の夏休みの生活。

息子を演じた少年は、ほぼ素人なのだそうですが、作品の世界観を完成させる存在でした。

基本は夏休みなのでグータラ生活なのですが、親の手伝いや近所の人を助けたり、進学できたら進路指導室を手伝って、と教師から頼まれる優等生なんだなぁ。

生活に困窮した人たちを隠し撮りした映像も、何だか温かい作品でした。

○トルバン(カザフスタン)

カザフスタンの映画です。

海軍を退役し、姉の嫁ぎ先である羊飼いの家にやって来たアサ。同じ遊牧生活者には、隣りのグループの一人娘のトルバン以外には適齢期の女性はいない。早速、お見合いに出掛けるが、カーテンに隠れて姿を見せぬまま、「耳の大きい男は嫌い」と、理不尽な理由で破談となってしまう。

自然環境の厳しい平原の生活に圧倒されました。

その他にも、姉婿とソリが合わなかったり、事件が起きるのだけど、羊の出産に立ち会ったことで、少しずつ変わっていく。

お姉さんの子供たち、特に3人兄弟の末っ子の動きが、動物たちの動きに近く、カメラがゆっくり撮っていくのが印象的。

○行け行け!インド(インド)

インド映画と言うと、訳もなく歌って、踊って、ミュージカルのを想像します。

この作品の主演のシャー・ルク・カーンも、その手の作品の得意な方。

でも、この作品は音楽の使い方こそ上手いですが、ガールズ系のスポ根モノに仕上がっています。

優勝を決めるPSを外したことから、売国奴として男子ホッケー界から干された元ナショナルチームの主将が、弱小女子ホッケー代表チームの鬼コーチとして還って来た。技術はある選手を集めたものの、個性が強く、バラバラだったチームが、コーチの指導の下で結束し、ワールドカップを勝ち進んでいく。そして、決勝戦の相手は、W杯のホスト国のオーストラリアだった。

実際に2002年に優勝した女子ホッケー・インド代表チームをモチーフにしたそうですが、物語はお約束通りに展開します。

でも、この定石なのが、堪らないのだよな。

2時間30分と長めではありますが、素直に感動できる作品でした。

○ムアラフ - 改心(マレーシア)

TIFFではお馴染みのヤスミン・アハマド監督の新作です。

酒乱の父親の暴力から逃げてきたムスリムの姉妹は、宗教学の教授だった亡き母親から教わった宗教観の中で生きている。妹の通うカソリック系の学校の若手教師も、また幼い頃に受けた親からの虐待で心に傷を抱えていた。肌の色や宗教は異なっていても、お互いのことを話していく内に、心を通わせていく姉と教師。

宗教観という難しいテーマを押し出していながら、ヤスミン・ワールド全開でした。

主演の姉妹は、前作までのシリーズの主役・オーキッドを演じたアマニ姉妹なので、安心して観ていられます。

特に姉のシャリファは、長い黒髪をバッサリ切って、ベリーショートで登場。

最初は「短くしたのね」って感じだったのですが、物語の重要な役割を果たしています。

役者魂を感じました。

今回は、ティーチインがなかったのですが、バイト先の飲み屋の同僚との関係とか、不思議な場面が多く、聞いてみたかった。

個人的には、常連のン君が出ていなかったのも、残念でした。

○些細なこと(香港)

これまたTIFFの常連であるパン・ホーチョン監督の新作。

去年の来日の時に話していた、7話のショート・ショートをつなげたオムニバスですね。

エディソン・チャンとか、イーソン・チャンとか、著名な俳優が、恋愛についての色々を演じて見せるのですが、やっぱりプロデュースも担当したチャップマン・トゥが印象的ですね。

最初、同棲したのに、抱かせてくれない彼女のことを悩む主人公の友人の役だけなのかと思ったら、実はそれは劇中劇という設定で、チャップマン本人の役として再度登場します。

これが、中年のオッサンの悲哀を感じさせる、見事な演技(?)でした。

あのポニョッとした体型は、ある意味、芸術的かも。

ホラーあり、紙芝居風あり、甘酸っぱい青春ものあり、やっぱりパン監督は侮れませんな。

明日も有給が取れたので、1日映画三昧です!

|

« 第21回東京国際映画祭【1日目】 | トップページ | 第21回東京国際映画祭【3日目】 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/24615722

この記事へのトラックバック一覧です: 第21回東京国際映画祭【2日目】:

» ホッケーについて [女子ホッケーとアスリート 北京オリンピック出場]
女子ホッケー北京オリンピック出場決定!男子は後一歩のところで残念でした・・女子ホッケーはメダルが狙える種目の一つですが、あまりメジャーなスポーツとはいえません。この際ファンでなかった人も、簡単なルールを覚えておくだけで、観戦するにも応援するにも、もっともっと楽しめますので、一緒に覚えませんか・・社団法人 日本ホッケー協会http://www.hockey.or.jp/aboutus/index.html 男女とも、競技フィー... [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月) 17時15分

» 日給バイト情報 [日給バイト情報]
日給バイトは、一昔に比べるといろんなジャンルのものが増えてきていますね。中には交通費も至急してくれるおいしいところもあります。日給バイトのいいところは、自分の都合のいい時に働けるというメリットがあります。 [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月) 22時52分

« 第21回東京国際映画祭【1日目】 | トップページ | 第21回東京国際映画祭【3日目】 »