« 韓流シネフェス2008秋【2】『喧嘩 ヴィーナスvs僕』 | トップページ | 韓流シネフェス2008秋【4】『愛サラン』 »

韓流シネフェス2008秋【3】『私の愛』

My_love韓国の人って、この手の映画好きだよね。

地下鉄運転手のセジンは風変わりなチュウォンに恋をする。恋人に振られて休学してしまった先輩チウに片想いのソヒョンは、復学したチウを飲みに誘う。広告代理店に勤めるスジョンは、コピーライターでシングルファーザーのジュンソクに想いを寄せ、ジンマンは別れた恋人との約束を果たすため、6年振りに帰国する。
運が良ければ一生に一度めぐりあえる120年振りの皆既日蝕の日に起きる、愛の奇跡の物語。

『大停電の夜に』の日蝕版と言えば良いのでしょうか。

ソウルという大都会で、偶然にすれ違った人たちが織り成す、それぞれの愛の物語。

『王の男』で大道芸人を演じたカン・ウソンが、寡黙な運転士を演じていているのですが、ファンタジーというか、現実感のない雰囲気でしたね。

地下鉄という暗闇の中で、花火とか、蓄光塗料とか、出てきますし、日蝕の中で見つけ出す愛のカタチも「なるほどね」って感じでした。

ソヒョンとチウのカップルは、微笑ましくて、良いですね。

好きな人の何気ない一言が、恋しちゃうと重要なことになっちゃうんだよね!分かるよッ!

と恋愛初心者と応援する気分になりました。

反対に、シングルファーザーで恋愛をあきらめた男を愛してしまうキャリアウーマンのスジョンの愛は結構リアルで有りですね。

そして、日蝕を一緒に見ようという約束のために放浪の旅から帰ってきたジンマンを演じるのはオム・テウン。

ヒッピー風の風貌で「フリー・ハグ」してくれます。

解約した携帯電話の番号の現在の持ち主であるスジョンに「俺の番号、返せ」と迫る、トンデモな男ですが、何だか許せてしまえそう。

そうなんです。僕も、この手の作品は好きなんだなぁ。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« 韓流シネフェス2008秋【2】『喧嘩 ヴィーナスvs僕』 | トップページ | 韓流シネフェス2008秋【4】『愛サラン』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/24317015

この記事へのトラックバック一覧です: 韓流シネフェス2008秋【3】『私の愛』:

« 韓流シネフェス2008秋【2】『喧嘩 ヴィーナスvs僕』 | トップページ | 韓流シネフェス2008秋【4】『愛サラン』 »