« 2008Jリーグ第27節・東京ヴェルディvsガンバ大阪@味の素スタジアム | トップページ | オススメ!映画紹介『蛇にピアス』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『ラストゲーム 最後の早慶戦』鑑賞

Lastgame公開前からずっと気になっていた作品でした。

反面で、誰が観るのかなぁ、という不安もありました。

実際には年配の方から野球少年まで、幅広い方が鑑賞されていて、割と席も埋まっていましたよ。

1943年、劣勢に立たされた大東亜戦争の影響で、東京六大学野球のリーグ戦は中止に追い込まれた。学業半ばにして徴兵されていく選手たち。
息子を戦争で亡くした慶應義塾長・小泉信三は、「学生達に最後の思い出を」と、、早稲田大学野球部顧問・飛田穂洲に「最後の早慶戦をやりましょう!」と持ちかけ、飛田は奔走することになるが、当時、反戦を訴える教授がいたために軍部に目を付けられていた早大側は、これ以上心象を落とさないためにも開催を許可しようとはしなかった。

早大野球部員の戸田を演じた渡辺大君は、渡辺謙さんのご子息。

以前からチョコチョコ出てはいたけど、明らかにしたのは最近ですよね。

言われて見ると、確かに似ている。特に、声はそっくり。

なかなか堂々とした演技で、家族や友達思いの青年を好演していました。

それから、僕的には、柄本明、佑親子共演も楽しみでした。

絡みは多くなかったですが。

野球経験者が大勢を占める中、唯一未経験者ながらキャスティングされた佑君ですが、普段のトリッキーな演技はなく、戦争という状況の中で、賄いの女の子にほのかな恋心を抱く青年を繊細に演じていて、良かったですね。

試合の場面は、練習不足で本調子でない慶応に対し「ベストメンバーで臨まなければ、失礼だ」と控えの選手を出さなかった早稲田の飛田さんは男だねぇ、と思いました。

試合が終わって、慶応義塾の応援歌が流れた時は、ダメでしたね。

涙が溢れてしまいました。

慶応義塾側は「慶早戦」と言っていたり、エールの交換も早稲田は校歌、慶応は応援歌『若き血』というのは、芸が細かいよなぁ。

最近は「塾歌」も歌っていますけど。

戦時中の映画でありながら、それらしいシーンが少ないのは気になるところですが、大人たちのプロジェクトのドキュメンタリーと、若者たちの青春映画の両方が楽しめる作品ではないでしょうか。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« 2008Jリーグ第27節・東京ヴェルディvsガンバ大阪@味の素スタジアム | トップページ | オススメ!映画紹介『蛇にピアス』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/24058494

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『ラストゲーム 最後の早慶戦』鑑賞:

« 2008Jリーグ第27節・東京ヴェルディvsガンバ大阪@味の素スタジアム | トップページ | オススメ!映画紹介『蛇にピアス』鑑賞 »