« 愛読書!『セイジ/辻内智貴』 | トップページ | オススメ!映画紹介『幸せの1ページ』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『おくりびと』鑑賞

Okuribitoモントリオール映画祭でグランプリを獲得した作品は、死をテーマにしつつもユーモアに溢れていて、笑えて、そしてやっぱり泣ける映画でした。

やっとの思いで入団できたオーケストラが解散となり、リストラされたチェロ奏者の大悟は、故郷の山形に戻り、求人広告を手に面接に向かう。しかし、そこの社長・佐々木から思いもよらない業務内容を告げられる。それは、遺体を棺に納める“納棺師”の仕事。妻の美香には「冠婚葬祭関係」と告げ、美香は勝手に結婚式場の仕事と思い込んでしまう。見習いとして働き出す大悟だったが、そこには様々な境遇の旅立ちのシーンが待っていた。

いやぁ、やばいですね。

観客の年齢層が高めで、リアクションが大き過ぎとは思うのだけど、大声で笑って、グスンとすすり泣き、「今年最高」の宣伝文句も嘘ではなさそうですね。

何しろ、モックンが良い。

アイドル時代からシリアスとコミカルのバランスがバツグンだったけど、今回は見事です。

初め死体を前にした時の情けない顔、絶妙でした。

そして、妻を演じた広末も良い。Webデザイナーとして手に職を持ち、地方からでも仕事できる現代人。

一緒に笑ったり、秘密主義の夫に怒ったり、実生活ではバツイチの子持ちなのに、天才的にかわいい。

そして、選ばれるまで気にしたことなかったけど、確かに美脚ですね。

社長の山崎努さん、訳ありの事務員の余貴美子さん、親友の母親でもある銭湯のオバちゃんの吉行和子さん、そして、いつも銭湯にいる謎の男(?)の笹野高史さん、出演者が全員素晴らしいです。

やっぱり笹野さんだなぁ。

何者なのか分からないのだけど、最後の最後で美味しいところを持っていってました。

別れのシーンで笑いが起きたのだけど、男の強がりだよなぁ。

僕は笑えませんでした。

個人的には、実家に帰っていた美香が、妊娠の報告で山形に戻ってきて、偶然に夫の納棺の仕事を目にして、考えを改める、夫の仕事に誇りを持つところで、終わっても良かったのではないかな、と思いました。

でも、最後のシーンは映画としては必要だし、想いのリレーというのも表現していたのかなぁ。

ある程度、年齢を重ねていれば、誰もが、何処かに、自分の姿を重ねることが出来るのではないでしょうか。

パラパラと若者もいたけど、どう受け止めていたのかな。

これは必見でしょう。

(満足度:★★★★☆、オススメ度:★★★★)

|

« 愛読書!『セイジ/辻内智貴』 | トップページ | オススメ!映画紹介『幸せの1ページ』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/23746064

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『おくりびと』鑑賞:

» あなたの脚をモデルのようにスリムに! [【美脚パーフェクトプログラム】]
たくさんのお金をかけても思うように脚が細くならない・・・そんなお金の無駄と諦めの気持にさよならしませんか?あなたの脚をモデルのようにスリムにすることができるのですが・・・ [続きを読む]

受信: 2008年9月20日 (土) 18時38分

» さき の ブログ・お小遣い副業(?)のぺ〜じ [私からの“秘密のプレゼント”を是非、受け取って下さい。]
難しいことはありません。 パソコンが苦手な母にもやってもらっています。 [続きを読む]

受信: 2008年9月21日 (日) 10時42分

« 愛読書!『セイジ/辻内智貴』 | トップページ | オススメ!映画紹介『幸せの1ページ』鑑賞 »