« オススメ!映画紹介『ラストゲーム 最後の早慶戦』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『次郎長三国志』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『蛇にピアス』鑑賞

Hebinipierce耳にピアス開けたいのだけど、「会社あるしな」とか、「血が止まるまで、面倒臭いよな」とか、「痛そうだよな」とか、理由をつけて開けられない僕。

クールでスタイリッシュな映画ではあったけど、痛そうでした。

身体を傷つける行為もだけど、何よりも心が・・・。

蛇のように割れた舌、顔中にはピアス、そして背中に龍の刺青を入れた青年アマと出会い、付き合うようになった19歳のルイ。だが一方で、ルイは彼の紹介で知り合った彫物師・シバとも関係を持ち始める。
自らの舌にピアスをあけ、背中に龍と麒麟の刺青を彫り、突き動かされるように身体改造にひた走るルイ。年齢や家族のこと、本名さえ知らない同棲相手のアマの優しさと、サディスティックな香りのするシバ、それぞれ異なる種類の愛を受け、痛みと快楽に身を委ねていくが、アマの起こした事件がきっかけで、3人の運命は思いもよらぬ結末を迎えることになる。

まずは、よくやった吉高由里子!

『転々』で小泉さんの姪っ子、『喜多善男』の落ち目のアイドル、『太陽と海の教室』では少し大人びた、だけど純情な女の子、そして、未見だけど『きみは友だち』では中学生!を、舌足らずなしゃべり方で気になる存在になっていましたが、ここまでやるとは。

ヌードも、激しいベットシーンもありますが、いやらしさは微塵もない。

どちらかというと美しさを感じました。

まさに蜷川マジック!健在ですね。

弟的な可愛らしさと時折見せるナイフのような狂気を演じた高良健吾君も良かったとは思います。

最初は狂気なのかと思ったら、意外に優しさのある愛を見せ、でもやっぱり狂気の存在なので終わるシバは、ARATAが良く演じていました。

でも、顔が・・・、眉間の角みたいなピアスが痛いでしょう・・・。

痛みを感じないと生きている実感がしない、というルイは理解できますが、悲惨な事件があって、その真相らしきものを知って、ルイとシバはどうなっていくのか、非常に気になるところではあります。

ギャル役のあびる優、コンパニオン役のソニンはハマってた。

最初の事件の被害者となる、ルイをナンパするチンピラを藤原竜也と小栗旬の蜷川組の二人がカメオ出演しているのも、見逃せないでしょう。

途中に挿入される新宿の電車が密集するポイントで、ウネウネと蛇行する小田急線が不思議な雰囲気を作っていました。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« オススメ!映画紹介『ラストゲーム 最後の早慶戦』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『次郎長三国志』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/24059118

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『蛇にピアス』鑑賞:

« オススメ!映画紹介『ラストゲーム 最後の早慶戦』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『次郎長三国志』鑑賞 »