« 愛読書!『ララピポ/奥田英朗』 | トップページ | オススメ!映画紹介『シャッター』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『20世紀少年 第1章』鑑賞

20th会社の後輩と昼飯を食べに行く途中の本屋にポスターが貼ってあるのですが、「浦沢直樹も赤塚不二夫の弟子って知ってました?」という話しになりました。

すみません。どうでも良いことでした。

1969年の夏。小学生のケンヂは、オッチョやドンキー、ユキジら同級生と空き地に秘密基地を作った。そこで彼らは、悪の組織や世界征服、人類滅亡計画、それを阻止する正義の味方といった空想が描かれた「よげんの書」で遊んでいた。
1997年。ケンヂはロックスターになる夢を諦め、実家のコンビニで失踪した姉の赤ん坊の面倒を見る、冴えない日常を送っていた。ある日、得意先の大学教授一家の失踪とドンキーの死をきっかけに生活が一変。世間では【ともだち】と呼ばれる教祖の率いる教団が出現し、ケンヂたちが子供の頃に作った「よげんの書」そっくりの怪事件が頻発していた。
これは、【ともだち】の仕業なのか? そして、【ともだち】の正体は、かつて一緒に遊んだ仲間なのか? そして、「よげんの書」に書かれた人類が滅亡する日がやってくる!

僕は原作の熱心な読者ではなかったけど、床屋とか、友人の家で雑誌があれば、読んでいました。

堤幸彦監督が、原作通りに演出する、と宣言していましたが、絵的にどことなく似ている俳優陣に、「普通、そんなリアクションしないだろう」っていうポーズ(口ポカ~ン、仁王立ち)で、なるほどね、と思いました。

『トリック』や『自虐の詩』で使用したSFX技術が、更に進歩した形で使用されていたのも、結構なポイントでした。

展開としては、60~70年代、90年代後半、2015年と3つの年代を往来しているし、沢山のエピソードが次から次へと詰め込み過ぎな感じもしなくはない。

1971年に小学校を卒業しているので、僕とは一回り違うことになるのかな?

それでも、野原の秘密基地やハットリ君のお面、三段ギアの自転車にブリキの広告、極めつけはナオコ婆ちゃん!

スッゴ~イ、懐かしかった!

頼りないダメ男のケンヂが、色々あって地球を救うという大きなことをやり遂げようと立ち上がるまで、変化は丁寧に描いているし、原作になくても、第2章、第3章につながるようなエピソードを入れていて、なかなか良く出来ている。

何しろ、ラストのオッチョのモノローグ「俺たちには希望がある。カンナがいる!」って、18歳になったカンナが向こう側から走ってくる。

その疾走感に、次回作を期待せずにはいられない感じになっていましたよ。

ご存知と思いますが、タイトルロールの後にも、まだ物語は続いていますので、席は立たないで下さい。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★★)

|

« 愛読書!『ララピポ/奥田英朗』 | トップページ | オススメ!映画紹介『シャッター』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/23577280

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『20世紀少年 第1章』鑑賞:

» 安西ひろこ 芸能活動復活!! 女性ファッション誌「BLENDA BLACK」でセクシーポーズ連発!!パンチラ・オッパイポロリ乳首丸見え映像!! [安西ひろこ 芸能活動復活!! 女性ファッション誌「BLENDA BLACK」でセクシーポーズ連発!!パンチラ・オッパイポロリ乳首丸見え映像!!]
安西ひろこ 芸能活動復活!! 女性ファッション誌「BLENDA BLACK」でセクシーポーズ連発!!パンチラ・オッパイポロリ乳首丸見え映像大公開!!元祖ギャル系のカリスマとして名を馳せた・安西ひろこ(29)が、芸能界へ本格復帰するそうだ。 [続きを読む]

受信: 2008年9月11日 (木) 16時56分

» 知ってる?消費者金融の金利 [お得なほうがいい!キャッシングダイアリー]
こんにちは!またブログに遊びに来ます(*鐓�∇鐓�) [続きを読む]

受信: 2008年9月11日 (木) 18時02分

« 愛読書!『ララピポ/奥田英朗』 | トップページ | オススメ!映画紹介『シャッター』鑑賞 »