« オススメ!映画紹介『インクレディブル・ハルク』鑑賞 | トップページ | Live! 情熱大陸『SUMMER TIME BONANZA '08』@東京・夢の島陸上競技場<前編> »

オススメ!映画紹介『スカイ・クロラ』鑑賞

Sky_crawlers公開直前にヴェネチア映画祭への公式出品が決定した押井守監督の新作。

予想以上に客入っていましたね。

アニメファン、押井信者、多しです。

思春期の姿のまま、永遠に生き続けることを宿命付けられた【キルドレ】と呼ばれる子供たち。
平和を維持するため、彼らが兵士として参加する戦争がショーとしてテレビ中継されている。
キルドレのユーイチは、とある基地に戦闘機パイロットとして配属されるが、以前の赴任地での記憶が曖昧で、でも戦闘機の操縦は身体が覚えているエースパイロット。
ユーイチは、そこで元パイロットの女性司令官のスイトと出会い、彼女の不思議な魅力に惹かれていく。

CGによる3D映像と、手書き画の部分とがあるのですが、CGによる戦闘機、特に空中シーンはメチャクチャ格好良いです。

それだけでも観た甲斐がありました。

物語の方はオーソドックスというか、展開が読める感じでした。

まぁ、それでも、「何かを変えたいなら、父親を越えろ」みたいな部分とか、永遠に繰り返す悲しい愛みたいなのは、ヨーロッパでは受けるかもしれませんね。

ケイトの部屋で繰り返し流れるオルゴールの音など、音楽や音へのこだわりは見事だと思ったら、スカイウォーカー・スタジオの全面協力だったみたいですね。

声優陣は押井作品では珍しく俳優で固めてきました。

『バベル』では聾唖の少女だったのでセリフがなかった菊池凛子の意外に可愛らしい声は、永遠の17歳の女性士官に合っていたのではないかな・・・と思います。

加瀬亮君のユーイチも登場シーンでは違和感があったのに、徐々に馴染んできて、17時間をかけたと言うアフレコは、ユーイチ自身の違和感とかを含めての演出だったのかな、と今になって思います。

そして、土岐野役の谷原章介は、イメージぴったり!でびっくりしました。

エンドロール、絢香の主題歌の後にも物語はメビウスの輪のように続きますので、席を立たないで下さいね。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« オススメ!映画紹介『インクレディブル・ハルク』鑑賞 | トップページ | Live! 情熱大陸『SUMMER TIME BONANZA '08』@東京・夢の島陸上競技場<前編> »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/22757837

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『スカイ・クロラ』鑑賞:

« オススメ!映画紹介『インクレディブル・ハルク』鑑賞 | トップページ | Live! 情熱大陸『SUMMER TIME BONANZA '08』@東京・夢の島陸上競技場<前編> »