« オススメ!映画紹介『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』鑑賞 | トップページ | Live! LIQUIDROOM 4th ANNIVERSARY 【GANGA ZUMBA】@恵比寿・リキッドルーム »

オススメ!映画紹介『カンフー・ダンク』鑑賞

Kanfudunk『少林サッカー』以降、勢いを取り戻したカンフー映画ですが、今回はバスケとの融合ですね。

バスケットコート脇の草むらに捨てられ、カンフー学校の師父に育てられたシージエ。
公園で出会った中年男・リーは、彼の天才的な武術の腕と抜群のコントロール力に惚れ込み、大学のバスケットチームへ入部することに。バスケの基本を知らなかったシージエだが、【気】を駆使してのダンクシュートに磨きをかけ、次々とチームを勝利に導いていく。
そして、ついに大学のバスケリーグ決勝戦で、極悪チームとの命がけの闘いが幕を開ける。

観る前は、ジェイ・チョウで、カンフー+コメディというのが、しっくり来なかったのですが、観てみたら、意外に良かったです。

展開的にはコメディの王道的ですし、笑いの部分はジェイではなく、エリック・ツァンが担当・・・、って、エリック、ズルい!

すごく楽しそうで、ハマリました。

個人的には、前年度は仲間に裏切られ、また、自分の失敗で負けてしまい、その責任から自信を喪失した上に、腕が震えるという症状を抱えてしまったキャプテンを演じた、チェン・ボーリンが印象的。

キャリア的にそんなに長い訳ではないし、本当に短期間の間に演技が上手くなったなぁ、と思いました。

日本の作品に出ることで、言葉でなく表情で伝える術を身につけたことで、キャプテンの苦悩を表現出来ていたのではないかと思います。

バスケで注目されることで、実の両親は名乗り出てくるのか、その時、シージエをビジネスの道具として利用していながらも、擬似親子な関係を築いていたリーとはどうなってしまうのか。

主題歌の『トウフー、トウフー』、『クンフー、クンフー』が妙に耳に残る。

これ、俳優デビューとなった『イニシャルD』で豆腐屋の息子役だったので、遊び心で韻を踏ませたそうです。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« オススメ!映画紹介『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』鑑賞 | トップページ | Live! LIQUIDROOM 4th ANNIVERSARY 【GANGA ZUMBA】@恵比寿・リキッドルーム »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/23221242

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『カンフー・ダンク』鑑賞:

» 「カンフー・ダンク!」 [クマの巣]
「カンフー・ダンク!」、観ました。 カンフーの修行を積んだ捨て子だった少年が、大学リーグのバスケの選手になり、カンフーの技術を使... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 08時22分

« オススメ!映画紹介『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』鑑賞 | トップページ | Live! LIQUIDROOM 4th ANNIVERSARY 【GANGA ZUMBA】@恵比寿・リキッドルーム »