« 台湾シネマ・コレクション2008①『DNAがアイ・ラブ・ユー』 | トップページ | オススメ!映画紹介『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』鑑賞 »

台湾シネマ・コレクション2008②『ウエスト・ゲートNo.6』

Exitno6台北って、有名なクラブがあったりするのですが、そんな若者文化が垣間見られたような作品ですね。

クラブのDJに憧れ、路上でエロ雑誌を販売するダーインと、大企業や官庁のコンピューターでも侵入できる天才ハッカーのヴェンスは、西門町を遊び場に気ままな毎日を過ごしていた。
彼らの仲間のビビアンは、1年振りに幼なじみのフィオナと再会する。韓国人の父親から政略結婚を強いられているフィオナは、初めて両親に反抗して、夜遊びをして、ダーインと恋に落ちていく。
ダーインに片想いをしていたビビアンは、二人がキスをするのを見てしまい、失恋で自暴自棄となり、見知らぬ中年について行ってしまうのだが・・・。

前半の部分では、タイトル的に『池袋ウエストゲートパーク』を狙っているのかな、と思いました。

無軌道な若者たちの群集劇で、友情とか、恋愛を描いていて、少し犯罪の臭いをちらついていたりもする。

しかし、後半に入って、援助交際から女子高生連続失踪事件に発展し、意外な、いえ、意外過ぎるラスト・・・。

かなり驚かされました。

インターネットの掲示板など、若者の孤独感とか、周囲からの期待に対する葛藤とか、すごく上手く、組み立てているなぁ、と思いました。

こちらが映画初出演作となるエディ・ポンは、茶髪パーマのイケメンで、昨日掲載した『DNA』の純情青年とは全く異なる若者、間隔が10m近くあるビルとビルの屋上を飛び移る伝説の男を演じています。

結構、ダークなテーマ、展開もありながら、ユーモアを忘れていないのも良いですね。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« 台湾シネマ・コレクション2008①『DNAがアイ・ラブ・ユー』 | トップページ | オススメ!映画紹介『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/23220484

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾シネマ・コレクション2008②『ウエスト・ゲートNo.6』:

» 池袋ウエストゲートパーク [池袋のドラマ]
池袋ウエストゲートパークは、実は小説が原作だったんですね。 [続きを読む]

受信: 2008年8月27日 (水) 17時22分

« 台湾シネマ・コレクション2008①『DNAがアイ・ラブ・ユー』 | トップページ | オススメ!映画紹介『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』鑑賞 »