« オススメ!映画紹介『西の魔女が死んだ』鑑賞 | トップページ | ap bank fes '08【1日目】@つま恋(vol.1) »

オススメ!映画紹介『カメレオン』鑑賞

Chameleon30年前に、故・松田優作主演で準備されながら、ボツになった企画だそうである。

まるでカメレオンのように、いくつもの表情をもち、ときにはゾッとするほど冷めきった顔を垣間見せる伍郎。
不幸な生い立ちで、アメリカでプロの殺し屋の訓練生としてトレーニングを受けていた伍郎は、日本に帰国し、鬱にかかり、病院の待合室で知り合った公介や旅芸人一座とつるんで、詐欺師家業に明け暮れる小悪党。
ある日、いつものように完璧に獲物を騙しきった伍郎たちは、ホテルの地下駐車場で、偶然に拉致現場に居合わせてしまったのをきっかけに、仲間たちが次々に組織の手によって消されていく。

いかにも松田優作の映画って感じでした。

ユーモアのある若者なのに、何処か退廃的な香りのする青年を、演技派・藤原竜也は過激なアクションシーンもこなして、丁寧に演じています。

見所であろうカーチェイスのシーンも、爆発とかはないものの、『西部警察』とかでやりそうな激しい感じのものでした。

ここまで当時の雰囲気をコピーするのであれば、藤原君には悪いが、ご子息のどちらか(出来れば龍平君)に演じて欲しかった気がしないでもない。

そういう意味では、偶然にアジトに一緒にいたことで巻き込まれ、伍郎と一緒に行動する恵子の役も、旬という意味では水川あさみで正解なのだろうが、美由紀夫人のように、アンニュイで、エロチックな少女みたいなレトロ感のある女優(誰がいるよ?)の方が良かったかもしれないなぁ。

とは言え、阪本順治監督は100分足らずの中で、この復讐劇を上手くまとめたなぁ、という感じはします。

国会の証人喚問のシーンとかは、意外性があり、ニヤリッとしちゃいました。

銃も出てくるのだけど、基本は素手で格闘し、最後は知能の勝ちというのは、僕好みでした。

お隣りの国、韓国でこぞって生産されている【ノワール物】の原型というか、彼らの撮りたいのって、こういうのじゃないのかな、って思いました。

旅芸人の犬塚&谷啓の小クレイジーなチンドン屋も忘れずに!

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« オススメ!映画紹介『西の魔女が死んだ』鑑賞 | トップページ | ap bank fes '08【1日目】@つま恋(vol.1) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/22273551

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『カメレオン』鑑賞:

» 木口亜矢の盗撮動画が流出!? [木口亜矢の盗撮動画が流出!?]
木口亜矢がプロデューサーに盗撮された映像が流出です! 映像にはデビュー前にプロデューサーから、ドラマに出させてやるからと言われ泣きながらフェラチオしている姿が・・・ みんなデビューする前はこんな事してるんですね!!! そのうえ生でハメられて中出しされて呆然とするシーンはファンならずとも必ずヌケます!!! 精子が止まりませんよ本当!!! ... [続きを読む]

受信: 2008年7月24日 (木) 14時52分

« オススメ!映画紹介『西の魔女が死んだ』鑑賞 | トップページ | ap bank fes '08【1日目】@つま恋(vol.1) »