« 新宿三丁目【大阪王将】 | トップページ | オススメ!映画紹介『たみおのしあわせ』鑑賞 »

愛読書!『対話篇/金城一紀』

Taiwaこの作家はデビュー作で映画化もされた『GO』が印象的で、若者の活き活きとした様が瑞々しく描くことが出来る作家として、その後もいくつかの作品を読んでいます。

ほぼ二人の会話だけで語られる3編の中編が収められたこの作品は、非常に余韻深く、心に残る作品です。

最後の『花』は、大沢たかお、柄本明で映画化されていましたね。思い出しました。

自分の大切な人が次々に死んでいき、周囲から「死神」と呼ばれ、人を避けて生きてきたた青年が、大学の卒業式の日に、テストでノートを貸してくれたことのある同級生に、自分の最初で最後の本気の恋の話を伝える『恋愛小説』。

若くして癌に侵され、寝たきりとなった青年が、自殺した憧れの先輩のために、彼女と不倫関係にあった指導教授への復讐を計画する『永遠の環』。

脳に動脈瘤を抱え、自暴自棄になり、田舎に逃げ帰った青年が、有名な弁護士と高速道路を使わずに一般道だけで鹿児島のホスピスに元妻の遺品を取りに行くというバイトを紹介される『花』。

どの作品も、最愛の誰かを失い、そして、自らも死の隣り合わせな状態で、それでも誰かに伝えたい何かを語る主人公の姿がある。

そして、それを受け取った片方にとって、その物語は希望へと昇華していく。

若者の勢いだけが得意ではない作者の懐の深さを感じました。

中編集ということもあって、一気に読めちゃいました。

|

« 新宿三丁目【大阪王将】 | トップページ | オススメ!映画紹介『たみおのしあわせ』鑑賞 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
トラックバックさせていただきました。
表示されないようなので、URLを置かせていただきますね。
http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-966.html

トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

投稿: 藍色 | 2009年6月14日 (日) 04時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/22556716

この記事へのトラックバック一覧です: 愛読書!『対話篇/金城一紀』:

« 新宿三丁目【大阪王将】 | トップページ | オススメ!映画紹介『たみおのしあわせ』鑑賞 »