« オススメ!映画紹介『歩いても 歩いても』鑑賞 | トップページ | 新大久保【トンマッコル】居酒屋ランチ »

オススメ!映画紹介『スピード・レーサー』鑑賞

Speedracer監督が『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟だとか、TVゲームのような原色行き交う映像美だとか、韓流スター・Rainことピ君のハリウッド進出だとか、そんなことはどうでも良かった。

あのテーマ曲が聞こえて来た時、興奮していた。

♪マッハ GO GO マッハ GO GO マッハ GO GO GO~!!!

カー・レーサーになるために生まれてきたスピード・レーサー。怖いもの知らずの彼にとって唯一のライバルは、レース中に命を落とした伝説のレーサー、崇拝してやまない兄のレックスである。兄の遺志を継ぐため、スピードはローヤルトン工業からの高額なオファーも断り、父が率いるレーシング・ビジネスを選んだ。だが、その結果スピードは、陰で不正を行うローヤルトンから脅される羽目に・・・。
彼が愛する家族とカー・レーシングを救う手段はただ一つ、レースでローヤルトンを打ち負かすこと! 恋人・トリクシーの支えもあり、スピードは正体不明のレーサーXと手を組み、兄の命を奪った難関のクロスカントリー・レース「クルーシブル」に挑む。

映画のストーリー的には、M&Aとか、それに絡む日本企業とか、難しいネタを持ってきているし、少年時代のスピードと兄、10年後のスピードとその後に生まれた弟ってのが似ているので、ボーッとしていると設定が分からなくなるかもしれないなぁ、とか、レーサーXって誰?みたいなミステリー的な要素もある。

それでも、弟と家族の一員であるチンパンジーを語り手に持ってきたことで、結構ドロドロとした展開でも、レーサー家の人々の愛があふれていて、何か小難しいことよりも、子供も楽しめる作品になっていたと思います。

スピードやトリクシーを演じた若手が、イメージが強くないから良かったですね。

日本のアニメが原作ということで、アジア市場を意識しているのが分かります。

日本企業の代表として真田広之がクールな感じで出てきますが、アメリカ人から見たニッポンという感じもして、出番も多くないし、別に真田さんでなくても・・・とも思ってしまいました。

ピ君は「Go!」とか、「Yeah!」みたいな掛け声が決まってた。

でも、上半身裸でモムチャンぶりを披露したり、武術系アクションがあったりと、見せ場は少なくない。

日本では、ポスターにデッカクでていますが、クレジットではかなり下の方なんですよね。

しかし、韓流のオバ様方もチラホラ見えましたが、正直、客層から浮いていたかも・・・。

僕もギリギリで見ていた世代ですが、『マッハ Go Go』の世代には懐かしく、それ以外の世代をどう取り込めるかが、ポイントになってくるでしょう。

買う気はなかったが、マッハ6号のミニカー(チョロQのデカイの?)を購入してしまった・・・。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« オススメ!映画紹介『歩いても 歩いても』鑑賞 | トップページ | 新大久保【トンマッコル】居酒屋ランチ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/22140668

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『スピード・レーサー』鑑賞:

« オススメ!映画紹介『歩いても 歩いても』鑑賞 | トップページ | 新大久保【トンマッコル】居酒屋ランチ »