« オススメ!映画紹介『奇跡のシンフォニー』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『歩いても 歩いても』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『クライマーズ・ハイ』鑑賞

Climbers2年前に書籍紹介した横山秀夫氏の小説が映画になりました。

1985年8月12日。群馬県、北関東新聞の遊軍記者・悠木は、同僚の安西との谷川岳衝立岩への登頂のための準備を進めていた。その時、通信社の速報が第一報を伝える。
「羽田発・大阪行き日航123便が墜落した模様。乗客乗員524名」
興奮入り交じる編集局の中で、悠木が全権デスクを命じられた。この未曾有の大事故を巡って、熱狂と苦悩に満ちた濃密な一週間が幕を開ける。そして、高揚と疲労が極限に達した悠木は、あるスクープを前に厳しい判断を迫られることとなる。

メガホンを取ったのは、原田眞人監督。いつもの通り脚本も担当しています。

新聞のインタビューで、原作者からは「事件の時系列は原作通りに、でも原田監督らしさを出すこと」という注文があったというエピソードを読んでいました。

あれだけ厚い原作ですのでカットしたエピソードはありますが、事件自体は事実としてある訳で、その辺は原作の通りでした。

また、悠木が編集者を志す動機になった映画のエピソードやセリフを効果的に使うなど、細かなアレンジはしてありました。

悠木はNHKドラマ版の佐藤浩市のイメージがあったのですが、堤真一もハマっていました。

歴史に残る大事件を前に、上司たちからの嫉妬によるイジメや社長との確執、そして待ち合わせをしていた親友がクモ膜下出血で倒れるという出来事が重なり、離れて暮らす息子との関係に悩んだり、そして、現在のシーンでは絶壁越えに挑戦したりと、愚直で不器用な男を熱演しています。

カット数を細かいというのもあるのですが、緊迫感が物凄く伝わってきました。

そして、柔和なイメージのある堺雅人が壮絶な現場を目の当たりにする記者を熱演しているのが印象的でした。

現場に戻ってきた時に見せる、鬼気迫る視線の強さは、普段からは想像できない鋭さでした。

変更されたエピソードとして、スクープを取材する新人女性記者を演じた尾野真千子は、映画の中ではヒロインということになるのかもしれないが、良い意味で華がなくて、普通な感じの女優さんというのが、工学部出身の女性記者という設定に妙に似合っていました。

再現フィルムを観るように、物凄くリアルです。

さて、原田監督作品の楽しみと言えば、ご子息の遊人君を探せ!ですが、今回はTV局の取材クルー役で、結構あっさりと発見しました。

独り言のセリフが、かなり大きめに拾われています。

加えて、スタッフロールの中に「編集 原田遊人」と発見しました。

最近では出るより、作る方に楽しさを覚えているのかもしれませんね。

好きな作家の好きな作品が、好きな監督によって、素晴らしい俳優により映像化される。

こんなに奇跡的なことは、余りないだろう。

今年も23回目の夏が来る。

(満足度:★★★★☆、オススメ度:★★★★)

|

« オススメ!映画紹介『奇跡のシンフォニー』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『歩いても 歩いても』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/22117737

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『クライマーズ・ハイ』鑑賞:

« オススメ!映画紹介『奇跡のシンフォニー』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『歩いても 歩いても』鑑賞 »