« 2008年上半期を振り返る | トップページ | オススメ!映画紹介『告発のとき』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『幸せになるための27のドレス』鑑賞

27dresses_2基本的にアメリカのロマンティック・コメディって、好きなんだなぁ。

母親を早くに亡くし、子供の頃から父と妹テスの面倒を見てきたジェーンは、上司のジョージの秘書として、27回もの「結婚付添人」として、他人の成功を支援することに生きがいを感じるようになっていた。しかし、そんなジェーンも、「いつか自分が主役になること」を夢見ていた。
ある日、彼女が思いを寄せるジョージが、ジェーンの家に数週間の予定でバカンスに来ていたテスと一瞬で恋に落ち、結ばれてしまう。泣きたい気持ちをグッとこらえながらも、ジョージとテスの結婚式の準備を手伝うジェーン。
そんなある日、新聞の日曜版に結婚式の記事を載せる新聞記者のケビンが、彼女の「付添人」という生き方に興味を持ち、取材のためジェーンに接近してくる。

キャサリン・ハイグルって、ドラマで有名な女優さんらしいですね。

個人的にドラマを知らないので、背が高くて、美人なのに、有名人っぽさがないので、スゴク素敵な女性なのに、自分に自身が持てなくて、他人の幸せばかりを優先してしまうジェーンを厭味なく演じていました。

ケビンを演じていたジェームズ・マーズデン。

どこかで観たことあるなぁ、と思ったら、『魔法にかけられて』の王子様ですね。

おとぎ話の世界から飛び出した、真っ直ぐすぎる正義感の持ち主の王子様から一転、過去にあった事件で、女性や結婚ということに興味を持てなくなった結婚式の取材専門の記者で、昇進を狙って、ジェーンを追いかる口の悪い青年を、見事に演じていました。

二人のコンビネーションが良くて、少しずつ、少しずつ変化していく関係を丁寧に見せていたと思います。

飛び切りの美人で、男を振り返らせることの天才の妹テスや、ジェーンにキツイ苦言も言ってくれる親友で会社の同僚ケイシーなど、脇役たちも魅力的で良かったですね。

最後の勇気って、なかなか出せないけど、お互いに理想の相手とは違うけど、ケンカしながらも、素の自分でいられる相手というジェーンとケビンの関係は羨ましいですね。

誤解から別れてしまった二人が、再び出逢う、その方法とかも、アメリカっぽいと言ってしまって良いのかな。

ブライダル・ファッションの参考書的な使い方も出来るかもしれませんね。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★☆)

|

« 2008年上半期を振り返る | トップページ | オススメ!映画紹介『告発のとき』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/21973656

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『幸せになるための27のドレス』鑑賞:

» ブライダルプロデュース オリジナルウェディングのプロデュース [ブライダルプロデュース オリジナルウェディングのプロデュース]
オリジナルウェディング。こだわりのブライダル。プランナー、エステ、ネイル、インナー、ヘアメイク、ブライダルリング、写真(フォト)、アクセサリー、メイク、ビデオ。全てをこだわったオーダーメイドブライダルプロデュースを提案します。 [続きを読む]

受信: 2008年7月 4日 (金) 03時31分

« 2008年上半期を振り返る | トップページ | オススメ!映画紹介『告発のとき』鑑賞 »