« All for 2010!!南アW杯アジア予選・バーレーン戦@埼玉スタジアム2002 | トップページ | オススメ!映画紹介『DIVE!! ダイブ!!』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『シークレット・サンシャイン』鑑賞

Miryang僕の好きな韓国映画に『グリーンフィッシュ』、『ペパーミントキャンディ』、『オアシス』があって、一時期は閣僚に入っていたため、監督業を休止されていたイ・チャンドン監督の久し振りの新作、昨年のカンヌ映画祭で話題騒然の作品が、漸く日本公開です。

いやぁ~、待った甲斐がありますね。

夫を交通事故で亡くし、幼い息子と二人で夫の故郷・密陽に移り住むことにしたシングルマザーのシネ。
この町で自動車整備工場を経営する純真で不器用な独身男・ジョンチャンは、シネに対する一方的なに想いを寄せていく。
シネは、新たな隣人たちの哀れみの目を嫌い、つい「自分は資産家で投資用の土地を探している」と小さな嘘をついてしまう。
しかし、それを真に受けた人物が、シネの最愛の息子を身代金目的で誘拐し、殺害してしまう。
独りでもがき苦しみ、宗教にのめり込むシネを、彼女に厭われながらも、ジョンチャンはいつもそばで見守り続けていた。

夫と息子を相次いで失うシネの運命はかなり過酷なものなのですが、ごくごく普通の日常のように描かれていてリアルな印象を受けました。

密陽という釜山の近くにある地方都市は、適当に田舎だし、お節介が沢山いて、いかにも韓国っぽいし、ソウルからやって来るシネ一家との違和感、特にシネが気位が高いということもあって、その対比が面白いなぁ、と思いました。

まず、カンヌで最優秀女優賞を獲得したチョン・ドヨン。

疲れた表情の未亡人として登場し、その後はエピソード毎に異なった表情で喜びや苦悩を表現し、まさに名演を見せてくれます。

何せ、去年、釜山に行った時に、町中でポスターを見かけたのですが、そこに映っていた女性がチョン・ドヨンとは気が付かなかったほどです。

それだけでも見る価値あります。

これまでも17歳の小学生から不倫妻へと演技の振り幅の大きい女優さんでしたが、まだ無名だったソル・ギョングやムン・ソリを一気にメジャーに押し上げたイ・チャンドン監督の演出で一つの作品の中でその力量を遺憾なく発揮しています。

そして、名優ソン・ガンホ。

いい奴なのにウザイ38歳の独身社長という役を、なぜソン・ガンホ級の俳優が演じているのだろう、と思っていました。

でも、この役を自然に演じられるのは彼以外いないだろうなぁ、と思うようになりました。

いつもなら過剰に演じるだろうコミカルな感じも薄めにして、愛しいシネとは永遠にかみ合わないだろう愛すべきキャラクターを見事に演じています。

さて、ストーリーの中では、「神の存在」とか「贖罪」とか宗教的な思想が重要なポイントとなってきます。

愛する者を失ったシネは、そこに救いを見出し、喜び、そして絶望します。

しかし、「全て嘘」と言いながらも、その存在を否定していない。

それらを肯定しながらも、沸き上がってくる感情に揺り動かされ、どうすることも出来ない状況に陥っていく姿が描かれていきます。

その姿は、まるで神と対峙しているかの如くに見えました。

密陽という町の名前に、「シークレット・サンシャイン」という意味を求める女と、そんなものに意味を見出すことの価値すら持たない男。

それでも、二人はすれ違いながらも、寄り添うように生きていくのだろう。

本当の愛は、神のような大上段なものではなくて、もっと身近なところにあることに気付いて欲しい、そんなメッセージを感じます。

映画的な奇跡は何も起きない、非常に現実的なリアルな142分間。

「えっ、そこで終わるんだ!」ってラストを含めて、僕は好きです。

(満足度:★★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« All for 2010!!南アW杯アジア予選・バーレーン戦@埼玉スタジアム2002 | トップページ | オススメ!映画紹介『DIVE!! ダイブ!!』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/21782934

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『シークレット・サンシャイン』鑑賞:

» 福永ちな お宝・流出動画像掲示板! [福永ちな お宝・流出動画像掲示板!]
福永ちな の動画像を流出物まで含めてバンバン集めるブログ?です。(笑) なんだかよくわかりませんが、よかったら観てってください(^^ [続きを読む]

受信: 2008年6月26日 (木) 15時32分

« All for 2010!!南アW杯アジア予選・バーレーン戦@埼玉スタジアム2002 | トップページ | オススメ!映画紹介『DIVE!! ダイブ!!』鑑賞 »