« オススメ!映画紹介『DIVE!! ダイブ!!』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『闇の子供たち/梁石日』 »

愛読書!『東京バンドワゴン/小路幸也』

Tokyobandwagonこれ、メチャクチャ面白いです。

今、超オススメします!

江戸情緒の残る東京下町。「東京バンドワゴン」という奇妙な屋号の古本屋。
チョット頑固な江戸っ子の三代目店主・勘一さんに、60歳なのに金髪のカリスマ的なロッカーの我南人の父子。我南人の3人の子供がいて、まずはシングルマザーの長女・藍子とその娘の華陽、大学講師を辞めてフリーライターをしている長男・紺と妻の亜美と息子の研人、そして二人とは異母弟で生まれてすぐに次男として育てられた次男・青の8人家族が、にぎやかに暮らしています。
個性豊かな家族に、ひと癖もふた癖もある近所の住人たちが持ち込んだ騒動に、一喜一憂しながらも、「LOVE」満載の物語が春夏秋冬の季節ごとに4編、繰り広げられます。

描かれている問題は現代的な問題のはずなのに、どこか懐かしい感触のするものばかりです。

小説というより、そのままTBS系でホームドラマとして制作してもらいたい感じで、ものすごく映像が浮かんできます。

物語の語り手が死んだお祖母ちゃん(勘一さんの奥様)というのがズルイですよね。

家族を俯瞰から見ているというか、幽霊ですから、視点がテレビカメラのように自由自在に動いていくので、グイグイとその世界に引き込まれていきます。

しかも、孫の紺と曾孫の研人は、お祖母ちゃんの存在を感じられるという設定。

昭和のホームドラマにありそうですよね?

それから、チョイ役でもキャラが立っているのが良いです。

個人的には、父親譲りのプレイボーイのツアーコンダクターの青君、藍子さんに惚れているイギリス人芸術家のマードリックさん、若きIT社長で本好きな藤島さんのキャラクターが好きですね。

もちろん伝説のロッカーの我南人さんも最高です。

小説では現代の我南人さん、しかも母親から見た変人な息子という描き方なので、業界的にどの程度ビッグなロッカーなのか、分からないのが良いですね。

でも、その行動や言動は何から何まで奇抜で、それでいて的を得ていたりもするのですが、愛人つまり青君の母親というのも、スケールがとてつもなくデカイのです。

ファンとなった著名人も「ドラマ化して!」と言っているみたいですが、実際にドラマ化するとしたら、キャスティングするのは、かなり難しいそうだなぁと思いました。

これだけ主要人物が多いと、誰をメインにするかで、変わってきますよね・・・。

気になっている方は、是非是非読んでみて下さい。

僕は、基本的に文庫になるまで本は買わない人なのですが、続編の『シー・ラブズ・ユー』や第3弾の『スタンド・バイ・ミー』も早く読んでみたくなりました。

|

« オススメ!映画紹介『DIVE!! ダイブ!!』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『闇の子供たち/梁石日』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/21867396

この記事へのトラックバック一覧です: 愛読書!『東京バンドワゴン/小路幸也』:

» Tomorrow TBSドラマ 竹野内 豊・菅野美穂 [Tomorrow TBS ドラマ]
ドラマ『Tomorrow―陽はまたのぼる―』は、TBSで、2008年7月6日から毎週日曜日の時から放送される。主演は竹野内 豊、ヒロインは菅野美穂・・・ [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 03時42分

« オススメ!映画紹介『DIVE!! ダイブ!!』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『闇の子供たち/梁石日』 »