« 愛読書!『闇の子供たち/梁石日』 | トップページ | 2008年上半期を振り返る »

Live! BoA LIVE TOUR 2008 ~THE FACE~@東京国際フォーラム

BoAのホール・コンサートって、何気に初体験でした。

これまで、代々木、埼玉、横浜とアリーナしか、チケット取れなかったので。

右端でしたが、1階席だったので、何とか裸眼でも表情が確認できる位の席でした。

今回のLiveは、年明けに発売されたアルバムのツアーですが、この間に映画とTV主題歌のシングルが2枚も出ているという状況でして、もうすぐ夏なのに、真冬のバラード、サクラの歌など、季節感という点では「???」な内容でした。

今日は最終日ってことで、記録用のカメラが入っていたので、緊張していたみたいですね。

MCも少なめでしたし、しきりに「緊張してる」って言っていました。

新アルバムの『THE FACE』は、色々なタイプの楽曲が収録されていますが、生バンドによる演奏はロックしていて、特に初っ端の『LOSE YOUR MIND』なんか、格好良かったですね。

で、ゲストも登場。

『My Way, Your Way』では、CDでもフューチャリングされていたWISEがラップしてくれました。

スローな感じのHip-Hopが心地よかったですね。

ダンスコーナーでは、ダンサーとの息もピッタリで、相変わらず格好良いですね。

しかし、BoA、歌、上手くなりましたよね。

アレンジが変わって格好良くなった『Listen to My Heart』なんかもそうだけど、特にバラードなんて、10代の時はずっと押していた感じで聴いていて力が入ってしまったものだけど、『be with you』なんかでは、引いて欲しい部分は引いて歌ってくれているので、音楽にメリハリが生まれて、聴いていていてリラックスすることができます。

『ギャップにやられた』、『Happy Birthday』は、非常にアイドルチックな曲調で、衣装もカラフルで可愛らしかったですね。

会場をウルトラマンにしたかったらしいのですが、だったら集めるとか、お面を準備すれば良かったのにねぇ・・・。

『Rock With You』など、Liveに欠かせない盛り上げ曲たち。

今回はシングルメドレーが登場!!

何と、“チカ チカ チュー”ですよ!

デビュー曲を生で聴いたのは、初めてでした!

最近のヒット曲は「バラードのBoA」みたいな印象がありますが、『抱きしめる』や『VALENTI』はやはり盛り上がりますね。

楽しかったです。

アンコールのラスト『Best Friend』を歌い終えたら、感極まって、泣いてましたね。

で、いつものように「カムサハムニダ」で終了。

BoAの成功の一つに「韓国色を徹底的に排除したこと」と分析している芸能関係者も多く、以後に日本デビューした歌手たちは日本語でMCが出来るようにならないとブレイクしない、とまで言われています。

声援で「イエッポ!(かわいい、キレイ)」と声がかかっても、「アリガト」なのに、Liveの最後だけは、いつも唯一の韓国語なのでした。

こっちこそ、楽しい時間を、カムサハムニダ!

16時半開演で、終演した19時は、まだ外が明るかったんで、少し驚きました。

|

« 愛読書!『闇の子供たち/梁石日』 | トップページ | 2008年上半期を振り返る »

「韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/21972997

この記事へのトラックバック一覧です: Live! BoA LIVE TOUR 2008 ~THE FACE~@東京国際フォーラム:

« 愛読書!『闇の子供たち/梁石日』 | トップページ | 2008年上半期を振り返る »