« 韓流シネフェス2008春<14>『まぶしい日に』鑑賞 | トップページ | 2008Jリーグ第13節・浦和vsG大阪@埼玉スタジアム2002 »

オススメ!映画紹介『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』鑑賞

Kakushitoride黒澤明監督のオリジナルは知らないのですが、それが良かったみたいです。

戦国時代のとある地方。覇権拡大に野心を燃やす山名の圧倒的な軍勢によって、国境を接する小国・秋月城が陥落した。
しかし、莫大な軍資金と生き残った雪姫が城から消えていた。
ひょんなことから、金掘り師の武蔵と木こりの新八が、秋月の隠し金を発見する。大喜びする二人の前に、真壁六郎太と名乗る侍とその弟が現れ、秋月領から早川領へ金を運び出すことになる。
武蔵たちは金の奪取を企んでおり、六郎太も雪姫を守る秋月の侍であるという秘密を抱えていた。それぞれの思惑を胸に、一行は奇策として敢えて山名領へと踏み入れるルートを選択するのだが・・・。

ジョージ・ルーカス監督が黒澤オリジナル版のオマージュとして『スターウォーズ』の第1作を撮ったことは有名な話です。

そして、この作品は黒澤作品のリメイクというよりは、その『スターウォーズ』にインスパイアされて生まれた冒険活劇なような印象を受けました。

オーケストラの入り方(曲調まで!)とか。
松潤&宮川大輔のやり取りが凸凹アンドロイドに似てたりとか。
椎名桔平演じる敵キャラがどっから見てもダースベダーそっくりだったりとか。
爆発する城からの脱出劇とか。
・・・。
挙げたらキリがありませんね

あ、でも、阿部チャンの侍は三船敏郎さんぽっかたかな。

それから、松潤&長澤まさみの淡いラブストーリーの部分は、薬師丸ひろ子&真田広之の『里見八犬伝』にも似ているかな、と思ってしまいました。

どうでも良いけど、松潤の髭顔は似合わんですね。

長澤まさみの男子っぷりは、普段のしゃべり方と違ったので、頑張ってるじゃん、という感じでした。

宮川大輔は、時代劇なのに良く演じ切ったなぁ、と感心しました。

それにしても、高嶋兄や上川隆也の使い方はどうなんでしょう?
正直、もったいなかったかなぁ・・・。

主題歌は布袋+KREVA(山名の武将役でチョット出演)+亀田氏による、バリバリのギターありのラップで格好良かったのですが、それよりも、砂浜を歩く松潤と宮川大輔は何処まで行くんだろう?って気になってました。
(本当に、最後まで歩いていましたね!!)

過度に期待しなければ、ソコソコ楽しめる映画だと思います。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« 韓流シネフェス2008春<14>『まぶしい日に』鑑賞 | トップページ | 2008Jリーグ第13節・浦和vsG大阪@埼玉スタジアム2002 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/20898864

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』鑑賞:

« 韓流シネフェス2008春<14>『まぶしい日に』鑑賞 | トップページ | 2008Jリーグ第13節・浦和vsG大阪@埼玉スタジアム2002 »