« オススメ!映画紹介『紀元前一万年』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『あの空をおぼえてる』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『砂時計』鑑賞

Sunadokei1原作も、昼ドラも知らないのですが、予告編で観たくなって、行ってきました。

14歳の水瀬杏は、東京から母の実家である島根県にやって来た。田舎の雰囲気に馴染めずにいた杏は、近所に住む同い年の大悟や藤と椎香の兄妹と出会い、徐々に自分の居場所を見つけていく。
しかし、精神的に追い込まれた母が、雪の降る夜に自殺してしまう。悲しみの中にいた杏を大悟は「俺が、ずっと一緒におっちゃるけん」と力強く抱きしめる。
あれから12年。東京の父親の元に戻り、26歳になった杏は、同窓会に出席するために、婚約者の佐倉と共に祖母の家に訪れる。

Sunadokei2夏帆と池松荘亮君の演じた中高生時代がすごく良かったです。

その時の悲しみ、心の傷が後々まで響いてしまうのですが、すごくキラキラしているというか、現在の杏が12年前を振り返っているという設定なのに、今まさに目の前で起きている青春って、感じがしました。

自分も母親と同じように心の弱さを抱えているのではないかと悩む少女と、少女を支えるために一生懸命に強くあろうとする男の子。

二人のキャラクターに合っていたし、背負っているものは重くても、可愛らしくて、微笑ましい感じだったし、二人に横恋慕する、ちょっと影のある藤と椎香を演じた二人と共に良い雰囲気でした。

島根の田舎の自然、空の青、山の緑、季節季節の田圃の稲の色、夕暮れ時の海、白い雪、本当に美しい風景でした。

一転、成長した杏は、婚約し、渡米間近で幸福感絶頂なはずなのに、暗く、重い。

特に東京のシーンは、杏の心を映し出したように、どんよりとしている。
日本海も荒々しく波を打つ。

母親の死のイメージにとりつかれている女を松下奈緒が演じています。

イメージ的に内向的な役か、高ビーなお嬢さん役が多い彼女ですが、もう少し明るい側面も見てみたい気もしました。

井坂君が演じた大悟は、デカクなっていたので驚いた!というのは冗談ですが、もう少し出番が多かったら、良かったのかなぁ、と思いました。

何だかんだ言っても、一番印象に残ったのはお祖母ちゃんを演じた藤村志保さんの「しゃんとせぇ!」という一言だったのですけどね。

やっぱりベテランはスゴイです。

昼ドラのドロドロした面はありませんが、別物として観れれば、基本的にはベタなメロドラマなので、楽しめると思います。

久々のバルト9は、終日満席でした!

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« オススメ!映画紹介『紀元前一万年』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『あの空をおぼえてる』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/20795786

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『砂時計』鑑賞:

« オススメ!映画紹介『紀元前一万年』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『あの空をおぼえてる』鑑賞 »