« オススメ!映画紹介『最高の人生の見つけ方』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『震度0/横山秀夫』 »

オススメ!映画紹介『ミスト』鑑賞

Mistよく考えてみると、スティーブン・キングの作品って、そんなに観たことないんだった。

メイン州西部を未曽有の激しい雷雨が襲った翌日、正体不明の霧が街を覆い尽くし、人々を閉じ込めていく。しかもその霧の中には、正体不明の謎の生物が潜んでいた。
デヴィッドとビリーの父子は、買い物に来たスーパーマーケットで霧に遭遇する。外へ出ようとした人々は、次々に霧に襲われていき、店内に残され、閉じ込められた人々の間には、次第に恐怖が蔓延していき、極限状態へと陥っていく。
絶望的な状況の中、デヴィッドとビリーは決死の脱出を試みることにする。

映画史上、衝撃的なラスト15分。

そんな宣伝文句ですが、自分の中では予想の範囲内でした。

しかも、こんなラストは嫌だよなぁ・・・という奴でした。

でも、エピソードの積み上げ方、伏線の張り方、敵の正体の見せ方、上手いなぁ、と思いました。

モンスターが出てくるパニック映画ですが、単純にそれだけではありません。

デヴィッドと何人かは冷静に状況を判断し、行動に移し、そのために犠牲者は出してしまうけど、生き残るために努力します。

一方、現実を直視できずに逃げ出す人、独自の宗教観で集団ヒステリー状態の人々を先導し、自分を神に仕立て上げる人。

人の醜さ、愚かさ、弱さみたいなものが描かれますが、スーパーマーケットという小さな舞台が、ストレスの多い現代社会のようで興味深かった。

ある意味で怖いのはモンスターよりも、人間なのかもしれないなぁ。
それを生み出してしまったことも、それに対する反応にしても・・・。

モンスターのデザインは、昆虫ベースで既視感のあるもので、衝撃的というのは正直ありません。

エンドロールの背景は真っ黒なのですが、ラストシーンから引き続き、賛美歌のような歌声と○○○の効果音が鳴っていて、ラストの衝撃の余韻をかみ締めることが出来るのでした。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« オススメ!映画紹介『最高の人生の見つけ方』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『震度0/横山秀夫』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/21157788

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『ミスト』鑑賞:

« オススメ!映画紹介『最高の人生の見つけ方』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『震度0/横山秀夫』 »